ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945 レディース 生産終了モデル Ref.25620.D53 A721.JK6A

腕時計ポータルサイト:腕時計新聞 > ジラール・ペルゴ > ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945 レディース 生産終了モデル Ref.25620.D53 A721.JK6A
ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945 レディース 生産終了モデル Ref.25620.D53 A721.JK6A

腕時計概要

時計製造工芸の復活期である1945年、ジラール・ペルゴは、アールデコからインスパイアされた丸みをおびたレクタンギュラー(長方形)ケースのモデルを創作しました。「ヴィンテージ1945シリーズ」は、1995年にその復刻版としてデザインされたシリーズです。こちらは美しいダイヤモンドで取り巻かれた、可愛らしいレディースモデル。クラシカルなケースデザインは、長くご愛用いただけるのではないでしょうか。最終定価1,400,000円。

品名ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945 レディース 生産終了モデル Ref.25620.D53 A721.JK6A
型番Ref.25620.D53 A721.JK6A
素材WG
シェル
サイズ21.0×19.0mm
ムーブクォーツ
付属品箱、国際保証書

腕時計データ

ブランドジラール・ペルゴ(GIRARD PERREGAUX)
商品名ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945 レディース 生産終了モデル Ref.25620.D53 A721.JK6Aジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945 レディース 生産終了モデル Ref.25620.D53 A721.JK6A
特徴
掲載時価格468,000 yen
販売店宝石広場
在庫数商品ページにてご確認ください。
情報を共有する

ジラール・ペルゴの情報

優れた市場予測能力を持ち、なおかつその予測されたトレンドを開発という形で実現できる確かな技術力をもつ、腕時計業界を牽引するブランドのひとつです。

創業地
スイス ジュネーヴ
創業年
1791
創業者
ジャン・フランソワ・ボット

ジラール・ペルゴの解説

ブランドの興り

1791年、19歳の時計職人ジャン・フランソワ・ボットがジュネーヴに時計工房を設立。これがジラール・ペルゴの始まりとなりました。創業者ジャン・フランソワ・ボットは時計職人として名を馳せただけでなく、近代的な生産ラインの確立など経営者としての才覚も優れていました。ジラール・ペルゴは顧客に多くの名士を抱えており、安定した経営を続けていました。ジャンの死後は息子や甥に経営が引き継がれるも、1906年にラ・ショード・フォンの有能な時計職人コンスタン・ジラール・ペルゴに会社は譲渡されました。コンスタンはパリ万博で2度の金賞を受賞した傑作「スリー・ピンク・ゴールド・ブリッジ付トゥールビヨン」を生み出した人物で、彼の登場により技術力を誇る現在のジラール・ペルゴが誕生したと言えます。

スイス屈指のマニュファクチュール

ジラール・ペルゴは、本格的な腕時計を世界で初めて量産したスイス屈指のマニュファクチュール(自社一貫生産)メーカーです。近年はトゥールビヨンやミニッツ・リピーターなどを次々とラインナップに加え、機械式複雑時計を中心に展開できる技術力をもったブランドとなりました。企業哲学としては、デサインへの情熱と熟練した技術との調和と両立を目指しており、様々なサイズのコンプリケーションやムーブメントの生産など、研究開発に力を注いでいます。複雑時計を得意とするブランドでありながら、1970年にスイスで初めてクオーツ腕時計の工場生産を実施しました。この時ジラール・ペルゴが決定した32,687ヘルツの周波数は今日もクオーツ腕時計の世界規格として用いられています。しかしその後は、クオーツ全盛期に機械式時計の復活に向けての準備を着々と進め、往年の名機の復刻に取り組むなど、常に時流の一歩先を行く先見の明を持つブランドです。