ハミルトン スクエアケース ボーイズサイズ 美品

腕時計ポータルサイト:腕時計新聞 > ハミルトン > ハミルトン スクエアケース ボーイズサイズ 美品
ハミルトン スクエアケース ボーイズサイズ 美品

腕時計概要

ハミルトンの手巻きモデルです。ハミルトン社は「ベンチュラ」などの個性的なデザインの時計を手がける先進的なブランドですが、このモデルも例に漏れずユニークなデザインです。やや大振りなケースに太めのベルトを合わせたデザインは秀逸です。正方形のケースに納められた丸い文字盤には 12時、3時、6時、9時位置のみバーインデックスを配し、12時位置のブランドロゴと相まって当時としては未来的な印象を与えるデザインだったと思われます。機械の状態や外装の状態から、ほぼ未使用の時計だと思われます。当時の外箱(シミや破れがみられます)、内箱(プラスチック製)が付属します。ボーイズサイズですので女性にも問題なくお使いいただけます。

腕時計データ

ブランドハミルトン(HAMILTON)
商品名ハミルトン スクエアケース ボーイズサイズ 美品ハミルトン スクエアケース ボーイズサイズ 美品
特徴
掲載時価格58,000 yen
販売店レディースアンティークウオッチの販売・ドレス
在庫数SOLD OUT
情報を共有する

ハミルトンの情報

鉄道時計の堅実なイメージ、ベンチュラの突飛なデザイン、パルサーの先進性と、いくつもの顔を持つアメリカン・ウオッチ・メーカーが「ハミルトン」です。

創業地
アメリカ ペンシルバニア州ランカスター
創業年
1892
創業者
キーストン・スタンダード・ウオッチ・カンパニー

ハミルトンの解説

アメリカ発の時計会社

ハミルトンは1892年にアメリカ、ペンシルバニア州ランカスターに誕生。前身であるキーストン・スタンダード・ウオッチ・カンパニーが1890年に倒産、その資産を元に設立されました。同年にオーロラ・ウオッチ・カンパニーを買収し、1893年には懐中時計の生産をスタートします。鉄道網の普及がめざましかった当時、鉄道員の使用する時計の精度の悪さが原因となる鉄道事故も少なくありまっせんでした。そのため、クリーブランドの時計商ウェッブ・C・ポールは鉄道時計の基準と査定を統一し、時計の精度向上に努めました。これが「ポール・オフィシャル・スタンダード」といわれる規格です。その中でも、ハミルトンの公認鉄道時計が備える精度の正確さと耐久性は多くの鉄道員に愛用され、「アメリカ鉄道のタイムキーパー」と呼ばれました。ハミルトンは、鉄道の発達と密接に関係しながら成熟期を迎えます。

ブランドの特徴

創業当時の鉄道時計製作で培った技術をベースに腕時計を開発し、常に時代を反映しながら成長したアメリカンウオッチを代表する時計メーカーでもあります。優れたデザインやスタイリングを最大の特徴とするブランドで、イメージを重視したビジュアルを用いて広告宣伝に力を注いでいます。一方、ミリタリーウオッチブランドとしての知名度も高いのが興味深いところです。現行品は、モダンテイストを採り入れた意欲的なニューモデルと、古き良きアメリカを思い起こさせるリバイバルモデルという二つのラインナップがありますが、いずれもデザイン面、技術面においてオリジナリティあふれるタイムピースに仕上がっています。アメリカンウオッチのパイオニアでありながら、スイスの最新技術が融合した高機能と、クリエイティブで洗練されたデザインが高い評価を得ている人気ブランドであるといえるでしょう。