腕時計の基礎

腕時計の種類

使用目的にあわせて様々な種類の腕時計が存在します。

ダイバーズウオッチ

腕時計はガラス、パッキン、ケース構造の工夫などにより防水性能が高めてあります。そのうち、150m以上の防水性能を持つ物が「ダイバーズウオッチ」に分類されます。

ワールドタイムウオッチ

複数の時刻を表示することができる機能が付いた腕時計です。24時間で一周するGMT針が組み込まれたタイプ、また主要な都市名や国名をベゼルなどに表示して時差を示すものがあります。

ドクターズウオッチ

秒針を大きく独立させた腕時計です。医者が脈を測るのに便利だったことや、使用者に医者を含めた富裕層が多かったことに由来するといわれています。

方位測定ウオッチ

北を示す小さな針のついた腕時計です。時針を太陽の方向に向けると、前述の針の指す方向が北となる。

コンパスウオッチ

コンパス機能を備えた腕時計です。磁力の影響を受けやすい機械式時計と、微弱な磁力を感知するコンパス、双方を同時に存在させるために、耐磁性の高いケース素材が使用されます。

メメントダイアルウオッチ

ある時刻をインダイアルに表示しておくことのできる腕時計。約束や薬をのむ時間などのメモライズとして使います。

クロノグラフ

ナビゲーションウオッチ

航空機器の精度をサポートする腕時計です。クロノグラフ機能に加えて円形計算尺を備え、速度や燃費などを計算できます。アヴィエーションウオッチとも。

プロダクションカウンティングウオッチ

工場などの大規模な生産現場で生産効率や生産ペースを計算できます。

アズモメーターウオッチ

主に医療現場で使用された、呼吸数を計測できる腕時計です。

パルスメーターウオッチ

主に医療現場で使用された、脈拍数を計測できる腕時計です。

マルチパーパスウオッチ

ダイアルやベゼルに複数の目盛りが刻まれており、上記の腕時計に備えられた機能を複数備えています。

腕時計の分類

現在手に入れることが出来る時計は、時刻調整を司る部分、また動力源によって大きく分けることが出来ます。

機械式時計

主にゼンマイなどの物理的な力を動力源とする時計です。振り子やテンプでゼンマイのほどける力を調整し動作します。

手巻き時計

内蔵されたにゼンマイを手で巻上げることで動作する時計です。腕時計はもちろん、置き時計などにも見られます。

自動巻時計

基本的な機構は手巻きの時計と同じですが、内蔵された錘(おもり、ローター)が回転することでゼンマイを巻上げる仕組みを備えます。手巻きの腕時計ではゼンマイを巻きすぎるとゼンマイが切れてしまいますが、自動巻の腕時計には巻きすぎを防ぐ機構が組み込んであります。また補助的に手巻きでゼンマイを巻上げられる機構のものが多いようです。

クオーツ時計

主に電気を動力源とする時計です。電圧を加えると水晶が振動する効果と、電流の流れるコイルが磁力を帯びる効果を利用して動作します。

電池式時計

現代もっとも一般的に知られている時計です。圧倒的な高精度と低価格を実現していますが、数年に一度は電池を交換する必要があります。

光発電式時計

光で発電し、蓄電した電気で動作する時計です。初期の光電池は効率も悪く、集光部分に大きな面積が必要でしたが、時計の動作に必要な電気の量が他の電化製品に比べてわずかであったため、比較的早く実用化されました。光のない環境が続くと使用できなくなります。

熱発電式時計

腕に装着することで温まったケースと、外気との温度の差を利用して発電します。熱の差で発電する「熱電対」をいくつか組み合わせた「熱電素子」が利用されています。

自動巻発電式時計

自動巻と同様のローターを備え、その回転を利用して発電する時計です。時間調整を司る部分の仕組みはクオーツ時計であるため高い精度を誇ります。また電池交換の必要が無いので、極限的な状況での使用に最適です。

スプリングドライブ

ゼンマイを動力にもち、調速にクオーツを採用した特殊な時計です。電池交換が不要で高精度という、機械式時計、クオーツ時計のよいところを併せ持った時計です。

電波時計

基本的には電池を備えたクオーツ時計ですが、定時に、また任意のタイミングで電波による時刻修正を行うことで、クオーツ以上の高精度(10万年に1秒)を実現しています。

音叉時計

主に電気を動力源とする時計。音叉の振動を歯車に伝えて動作する。

音叉時計はその特許のためにブローバ社の独占市場でしたが、直後にクオーツ時計が発売されると急速にその存在意義を失っていきました。

腕時計の構造

腕時計を構成する部品を知り、時計の構造を知ることができます。

機械式時計特有のもの

ゼンマイ

機械式時計の動力です。ゼンマイがほどける力を調整して伝達し、針を動かします。

ローター

自動巻の腕時計でみられる、腕時計内部に搭載された回転錘です。腕の動きに合わせローターが回転するとゼンマイが巻き上がる仕組みです。

クオーツ特有のもの

電池

クオーツ腕時計の動力です。

回路

電池から与えられた電圧を受けた水晶は振動します。回路はその振動を調整し、モーターに送る役割を担います。

機械式時計、クオーツ共通のもの

時刻を表示する部品です。細い針状の金属部品であるため、視覚的に文字盤に埋没しないようデザイン的な工夫が施されています。

ケース

ムーブメント等、腕時計の大半の部品納める部品です。ケースの機密性は腕時計の防水性能を左右します。

風防

文字盤を覆う透明な部品です。ガラスやプラスチックが用いられ、腕時計の視認性や防水性に大きく影響します。

ベルト、ブレスレット

腕時計を身につけるための部品です。腕時計の装着感や、外観的な印象を決定する重要な部品であるともいえます。

腕時計の品質管理

クロノメーター認定

下記のような5つの姿勢差と3つの温度差で精度を検査します。検査の合格のためには日差において-4秒~+6秒以内(サイズが20mm以下のムーブメントは-5秒~+8秒以内)という基準を満たす必要があります。

クロノメーター認定
日数姿勢温度
2日間PL・竜頭左室温
2日間PU・竜頭上室温
2日間PD・竜頭下室温
2日間DD・文字盤下室温
2日間DU・文字盤上室温
1日間DU・文字盤上冷蔵庫
1日間DU・文字盤上室温
1日間DU・文字盤上オープン
2日間PL・竜頭左室温

スイスクロノメーター検定協会(Controle Officiel Suisse des Chronometres)の認定する規格です。一般に「クロノメーター認定」というと、多くはCOSC認定のことを指します。合格した時計の文字盤には「CHRONOMETER」または「CHRONOMETER OFFICIALLY CERTIFIED」の文字が表示されます。

シチズンクロノメーターの規格

シチズンクロノメーターの規格
項目従来の国際優秀規格最新国際優秀規格
5姿勢の平均日差(秒/日)-3.0~+12.0-1.0~+10.0
5姿勢の平均日較差(秒/日)4.02.2
5姿勢の最大日較差(秒/日)7.06.0
水平垂直差(秒/日)無し±8.0
5姿勢の最大偏差(秒/日)16.012.0
温度係数(秒/日/℃)±0.7±0.6
復元差(秒/日)±7.0±5.0

グランドセイコーの規格

グランドセイコーの規格
項目GS規格クロノメーター規格
スペシャルノーマル優秀規格普通規格
5姿勢の平均日差(秒/日)-3.0~+3.0-3.0~+5.0-3.0~+8.0-3.0~+12.0
5姿勢の平均日較差(秒/日)1.82.06.09.0
5姿勢の最大日較差(秒/日)4.05.06.09.0
水平垂直差(秒/日)±6.0±7.0±8.0±12.0
5姿勢の最大偏差(秒/日)7.08.012.018.0
第一温度係数(秒/日/℃)±0.3±0.5±0.6±1.0
第二温度係数(秒/日/℃)±0.3±0.5
復元差(秒/日)±4.0±5.0±5.0±9.0

ジュネーブ・シール規準12条

ジュネーブ・シール規準 No.1(A)

キャリバーのすべての構成部品は、追加機能のそれを含め、ジュネーブ時計任意検査局の規準に準拠していなければならない。

ジュネーブ・シール規準 No.1(B)

スチール部品の縁はポリッシュ仕上げ、側面は長さ方向にヘアライン仕上げとし、見える面は滑らかに仕上げられていなければならない。ネジ頭部上面はポリッシュ仕上げ、またはサーキュラーグレイン仕上げとする(円周・溝は面取りを行う)。

ジュネーブ・シール規準 No.2

すべてのムーブメントの輪列、脱進機には、穴内周をポリッシュ仕上げしたルビー穴石を使用しなければならない。受け側の穴石は半アーチ型とし、くり形面はポリッシュ仕上げとする。二番車の地板側には穴石の使用は要求されない。

ジュネーブ・シール規準 No.3

髭ぜんまいは、頭付で円頚部を持つ髭持ちを備えた滑り板により固定されていなければならない。可動髭持ち受けの使用は許される。

ジュネーブ・シール規準 No.4

レギュレーターにおいて、調整式あるいは切れ目入り緩急針の使用は、保持装置がある場合にのみ許される。ただし超薄型キャリバーについては、保持装置はなくてもよい。

ジュネーブ・シール規準 No.5

回転半径可変テン輪による調速機構の使用は、規準 No.1(A)と(B)が満たされているなら許される。

ジュネーブ・シール規準 No.6

時回り輪列の歯車は上下面とも面取りを行い、くり形面はポリッシュ仕上げとする。厚さ0.15mm以下のものについては、片面(受け側)のみ面取りを行うことが許される。

ジュネーブ・シール規準 No.7

カナ真とカナ歯車の各面はポリッシュ仕上げとする。

ジュネーブ・シール規準 No.8

脱進機のおいて、ガンギ車は軽量でなければならず、厚さはキャリバーが大型のもので0.16mm、18mm未満のキャリバーのもので0.13mmを超えてはならない。

ジュネーブ・シール規準 No.9

脱進機において、アンクルの振れを制限する一対の土手は、造り付けのものでなければならず、ピンや鋲の使用は許されない。

ジュネーブ・シール規準 No.10

ムーブメントは耐震機構を備えていてもよい。

ジュネーブ・シール規準 No.11

巻き上げ機構の角穴車、丸穴車は、登録を受けたモデルに準拠して仕上げなければならない。

ジュネーブ・シール規準 No.12

ワイヤースプリングの使用は許されない。

ISOのダイバーズウオッチ検査基準

ダイバーズウオッチについて、ISOは以下のような基準を定めています。

  1. 摂氏18度から25度で水深30m±2cmの水中に置き、50時間耐えられる
  2. 摂氏40度→摂氏5度→摂氏40度にそれぞれ10分間置き、温度変化に耐えられる
  3. 摂氏18度から25度で3%の食塩水中に置き、24時間耐えられる
  4. 回転ベゼルなどの任意の時刻を指示できる機能があり、誤作動防止機能が備えられている
  5. 暗所でも25cm離れた距離から時刻や腕時計の動作状況が見える
  6. 高さ1mから堅い木の上に落下させても壊れない
  7. 60ガウス以上の耐磁性能がある

JISのダイバーズウオッチ検査基準

1種
スキューバダイビングなど空気潜水で使用するもの。水深等級は100m、150m、200m。
2種
飽和潜水など混合ガス潜水で使用するもの。水深等級は200m以上、以降100m刻み。