ブレゲの情報
ALL ABOUT BREGUET

時計の歴史を200年進めた天才・ブレゲによるブランド。数々の革新的技術はその後の時計製作に大きな影響を与えました。

創業地
フランス
創業年
1775
創業者
アブラアン・ルイ・ブレゲ

ブレゲの解説

不遇の天才時計師

1947年、ブレゲはスイスのニューシャテルに生まれました。若干15歳で時計製造技術を取得し、ヴェルサイユの時計士の下で修行した後、1775年に自らの店を構え独立しました。独立後には自動巻機構の実用化を成功させるなど順風満帆のように見えたブレゲの時計作りでしたが、フランス革命による政治的な動乱によりスイスへ帰国し、不遇の2年間を過ごします。

技術とデザインと

スイス滞在中は、永久カレンダー機構、トゥールビヨン機構、引き打ち機構、レバーシリンダー脱進機機構など多数の歴史的発明をしています。「時計の歴史を200年進めた」人物として紹介されることが多いブレゲですが、機械式時計の技術の大半を彼が考案したことは事実です。しかしブレゲの優れた点は技術的側面だけではなく、「ブレゲ針」に代表されるデザインのオリジナリティも忘れることは出来ません。

経営の移譲と再興

時代は移り、1870年に経営がブラウン家へ移譲されます。時計の製造が一時的に中止される事態に陥りました。しかし1970年にスイスの宝飾店「ショーメ」がブレゲの権利を取得し、再興に乗り出します。ダニエル・ロートなど優秀な時計職人を招聘し、ブレゲが製作した時計を分解、研究するという作業を続けました。

ブレゲの腕時計一覧