モバード DATRON HS360 エル・プリメロ搭載クロノグラフ パープルグレー OH済み アンティークウウオッチ

腕時計ポータルサイト:腕時計新聞 > モバード > モバード DATRON HS360 エル・プリメロ搭載クロノグラフ パープルグレー OH済み アンティークウウオッチ
モバード DATRON HS360 エル・プリメロ搭載クロノグラフ パープルグレー OH済み アンティークウウオッチ

腕時計概要

モバードの自動巻クロノグラフモデル「DATRON」です。1881年に創業という長い歴史を持つ、スイスの名門時計メーカー「モバード」。モバードといえばニューヨーク近代美術館に所蔵されたことで知られる「ミュージアム・ウォッチ」が有名ですが、モバードの製造する腕時計は機能美を追求したシンプルなデザインがなされているのが特徴です。今回ご紹介する一本はゼニスとの共同開発により生み出された自動巻クロノグラフムーブメントである「エル・プリメロ」を搭載した腕時計です。「エル・プリメロ」といえば「ゼニス」、「ゼニス」といえば「エル・プリメロ」というくらい、ゼニスのイメージが先行しますが、モバードは共同開発メーカーとしてエル・プリメロの開発に尽力しました。「El primero」はゼニス社における同ムーブメントの名前であり、モバード社は「DATRON HS360」と呼称しています。「El primero(the first)」の名が示す通り、世界初の自動巻クロノグラフとして開発されましたが、実際はホイヤーやブライトリング、ハミルトンが共同開発した「クロノマチック」に後塵を拝したようです。ヴィンテージ感漂うパープルグレーの文字盤にはモバードのシャープなロゴがアップライトで配され、文字盤周囲のタキメーター表示や3つのインダイアルと相まってメカニカルで男らしい表情です。客観的に見て、当時のゼニスよりも洗練された魅力的なデザインなのではないでしょうか。時計を耳に当てると36,000振動の発する小刻みでリズム感の良い動作音が聞こえてきます。機械の複雑さ、希少性、その背景にあるストーリー、どれをとってもアンティーク時計コレクターの心を掴んで放さないハイクラスの一本です。

腕時計データ

ブランドモバード(MOVADO)
商品名モバード DATRON HS360 エル・プリメロ搭載クロノグラフ パープルグレー OH済み アンティークウウオッチモバード DATRON HS360 エル・プリメロ搭載クロノグラフ パープルグレー OH済み アンティークウウオッチ
特徴
掲載時価格298,000 yen
販売店アンティーク時計通販専門店・タイムピース
在庫数SOLD OUT
情報を共有する

モバードの情報

革新的な技術とデザインを得意とするモバードは、現代の知識経済社会で十分通用するであろう、先進的な企業経営を行って来ました。

創業地
スイス ラ・ショード・フォン
創業年
1881
創業者
アシール・ディティシャイム

モバードの解説

創業と社名の由来

19歳のアシール・ディティシャイムがスイスに開いた時計工房が前身です。1885年には会社に加わった兄弟の名前をとり、「LA&Iディティシャイム」と社名を改めました。わずか10年余りで雇用している時計職人は80人にも達し、スイスにおいても大手時計会社の仲間入りを果たします。1905年には社名を「モバード」に改め、新しい社屋で一貫生産を開始します。モバードはエスペラント語で「たゆまない前進」を意味しています。

革新的な技術とデザイン

1912年に登場した「ポリプラン」はケースを手首の形に沿って湾曲させた世界初の腕時計です。他にもリザードに時計を収めた「バレンチノ」や、ケースの開け閉めによってゼンマイを巻き上げる「エルメト」など、独創的で革新的な技術とデザインを盛り込んだ時計を多数輩出します。

ミュージアム・ウオッチ

モバードの時計で最も有名な「ミュージアム・ウオッチ」はネイサン・ジョージ・ホーウィットのデザインによるものです。ネイサンは当時、アメリカにおいてバウハウス芸術運動を実践していたデザイナーの一人です。ダイヤルの金色の丸は正午の太陽を、針の動きが地球の自転を表しています。この時計は高く評価され、ニューヨーク近代美術館の永久所蔵品に認定されました。