オメガ スモールセコンド 楔形インデックス シルバーダイアル Cal.410 アンティークウオッチ

腕時計ポータルサイト:腕時計新聞 > オメガ > オメガ スモールセコンド 楔形インデックス シルバーダイアル Cal.410 アンティークウオッチ
オメガ スモールセコンド 楔形インデックス シルバーダイアル Cal.410 アンティークウオッチ

腕時計概要

オメガの手巻きモデルです。オメガは最も知名度の高い時計ブランドの一つです。ロレックスと並び、ブランド腕時計、アンティーク腕時計に興味がない人でもその名前を知る数少ないメーカーでしょう。多くの名機を輩出してきたオメガですが、中でも「スピードマスター」は過酷な環境での使用もできる腕時計として、また月に到着した最初の腕時計としてオメガの名を世界に知らしめました。またオメガは多くのスポーツ大会でオフィシャルタイマーを務め、技術力の高さでも評価される時計メーカーです。今回ご紹介するモデルはスモールセコンド(6時位置の永久秒針)を備えたアンティーク感満点の一本です。シルバーベースの文字盤は経年変化により柔らかく色づき、針やインデックスの金色が違和感なく馴染んでいます。全体的に丸みを帯びたケースは腕につけたときのアタリも優しく、腕時計が苦手な方にもおすすめです。ヴィンテージウオッチならではの大人の雰囲気もこのケースの丸みに拠るところが大きいようです。オメガの1950年代を代表するムーブメントであるCal.410は金無垢ケースと組み合わされることも多く、当時完成度の高い高級機として扱われていたことが伺えます。ジリジリとゼンマイを巻き上げる時間は手巻き式時計を持つ者にだけ許される至福の時間でもあります。アンティーク・オメガの入門機としても最適な一品です。

腕時計データ

ブランドオメガ(OMEGA)
商品名オメガ スモールセコンド 楔形インデックス シルバーダイアル Cal.410 アンティークウオッチオメガ スモールセコンド 楔形インデックス シルバーダイアル Cal.410 アンティークウオッチ
特徴
掲載時価格98,000 yen
販売店アンティーク時計通販専門店・タイムピース
在庫数SOLD OUT
情報を共有する

オメガの情報

オメガの腕時計は、宇宙や深海のような未踏の地への冒険のパートナーとして選ばれ続けています。

創業地
スイス ラ・ショー・ド・フォン
創業年
1848
創業者
ルイ・ブラン

オメガの解説

手工業から機械工業へ

1848年6月、当時23歳であった時計士のルイ・ブランが、スイスのラ・ショー・ド・フォンに懐中時計の組み立て工房を開いたことがブランドの始まりです。その後約30年の間に、ルイ・ブランは息子のルイ・ポール・ブランと共に、組み立て工房の手工業から機械工業へ体制を切り替え、より完全な生産システムを完成しました。1894年、その後のブランド名ともなる記念すべき新型時計「オメガ」を発表。1903年に社名を「オメガ」に変更し、現在も高い認知度を誇る有数の時計ブランドとなりました。

冒険とオメガ

宇宙や深海など、未踏の地への冒険に必ずと言ってよいほど携行される腕時計、それがオメガです。1969年、アポロ11号の飛行士アームストロングとオルドリンが人類初の月面着陸に成功。この際、腕に着けられていたのがオメガ社の「スピードマスター・プロフェッショナル」です。1970年には、アポロ13号が爆発を伴う最枠のトラブルの中、スピードマスターの精度は乗組員の帰還に大いに貢献しました。深海探査の分野においても大きな功績を残しており、常にダイバーズウォッチの最先端をリードしています。また、オリンピックの公式計時を何度も任され、スポーツ・タイミングの世界でも計測の限界に挑み続けています。スイス各地で行われてきたクロノメーター・コンクールで圧倒的な実績を築き上げてきた開発力を持ち、現在も技術革新と挑戦を続けるブランドです。

オメガのデータ

オメガのシリアル番号一覧表
オメガのシリアル番号一覧表
製造年シリアル番号 製造年シリアル番号 製造年シリアル番号
18951,000,000 19022,000,000 19083,000,000
19124,000,000 19165,000,000 19236,000,000
19297,000,000 19358,000,000 19399,000,000
194410,000,000 194711,000,000 195012,000,000
195213,000,000 195615,000,000 195816,000,000
19611,8000,000 196320,000,000 196522,000,000
196725,000,000 196826,000,000 197029,000,000