シチズン チャレンジタイマー クロノグラフ デイデイト シルバーダイアル 八角形ケース

腕時計ポータルサイト:腕時計新聞 > オメガ > シチズン チャレンジタイマー クロノグラフ デイデイト シルバーダイアル 八角形ケース
シチズン チャレンジタイマー クロノグラフ デイデイト シルバーダイアル 八角形ケース

腕時計概要

シチズンの自動巻クロノグラフ「チャレンジタイマー」です。シルバーダイアルはメカニカルなクロノグラフのデザインがより強調されると同時に、精密機械特有の知的な雰囲気が漂います。「ミッキー」「ブルヘッド」「パンダ」「ツノ」など様々な愛称で呼ばれる人気モデル。当時、日本の時計メーカーが自動巻クロノグラフを独自に完成させたことは、世界に大きな驚きを与えました。程よい大きさですので日本人の腕にもよく似合います。シチズンの機械式腕時計技術の結晶とも言える、国産機械式時計のマスターピースです。

シチズンは1918年に創業、100年近い歴史を持つ日本を代表する時計メーカーです。耐衝撃装置やアラーム機能、電子腕時計、アナログ&デジタル腕時計など、国内初となる技術開発が多く、音叉時計や耐圧1300mのプロダイバーズウオッチなどは世界で初めて開発に成功するなど、卓越した技術力や開発力が特徴です。現在のシチズンはクオーツ時計が主流製品ですが、革新的な技術開発を行う精神は受け継がれており、エコ・ドライブ(太陽光発電)や電波による時刻修正などの特徴を備える高性能時計を発表しつつも、リーズナブルで親しみやすい製品も展開し続ける、その名の通り市民に愛される「世界の時計メーカー」となりました。

「国産自動巻クロノグラフ」といえばセイコーのスピードタイマーシリーズが有名でしょう。その大きさと重量感は手に取ったことのある方ならご存知のことと思います。一方、シチズンのチャレンジタイマーシリーズの一番の魅力はその小さな筐体にあると言えます。控えめな機械ながらもそのつくりには一切の手抜きがなく、自動巻機構、デイデイト表示、クイックチェンジ、クロノグラフ機能に加え、現在でも高級機にしか採用されないフライバック機構まで備えています。

モノトーンのデザインですがクロノグラフ針だけはヴィヴィッドなオレンジを使っており、デザインの良いアクセントとしています。黒色のインダイアルも男性的な魅力に溢れており、誰から見ても「かっこいい」と言わせることがでいる腕時計でしょう。人気の八角形ケース。

現行品ではなくヴィンテージ、舶来ではなく国産、セイコーではなくシチズン、というように、あえてメジャーを外したい方におすすめ。ただ、このモデルを選ぶだけの価値がある、魅力的な機能と物語とを秘めた一本であることは間違いありません。国内で流通する状態の良い個体がますます少なくなり、チャレンジタイマーの入荷にはかなりの時間と手間をかけています。お早めの購入をおすすめします。

腕時計データ

ブランドオメガ(OMEGA)
商品名シチズン チャレンジタイマー クロノグラフ デイデイト シルバーダイアル 八角形ケースシチズン チャレンジタイマー クロノグラフ デイデイト シルバーダイアル 八角形ケース
特徴
掲載時価格70,000 yen
販売店アンティーク時計通販専門店・タイムピース
在庫数SOLD OUT
情報を共有する

オメガの情報

オメガの腕時計は、宇宙や深海のような未踏の地への冒険のパートナーとして選ばれ続けています。

創業地
スイス ラ・ショー・ド・フォン
創業年
1848
創業者
ルイ・ブラン

オメガの解説

手工業から機械工業へ

1848年6月、当時23歳であった時計士のルイ・ブランが、スイスのラ・ショー・ド・フォンに懐中時計の組み立て工房を開いたことがブランドの始まりです。その後約30年の間に、ルイ・ブランは息子のルイ・ポール・ブランと共に、組み立て工房の手工業から機械工業へ体制を切り替え、より完全な生産システムを完成しました。1894年、その後のブランド名ともなる記念すべき新型時計「オメガ」を発表。1903年に社名を「オメガ」に変更し、現在も高い認知度を誇る有数の時計ブランドとなりました。

冒険とオメガ

宇宙や深海など、未踏の地への冒険に必ずと言ってよいほど携行される腕時計、それがオメガです。1969年、アポロ11号の飛行士アームストロングとオルドリンが人類初の月面着陸に成功。この際、腕に着けられていたのがオメガ社の「スピードマスター・プロフェッショナル」です。1970年には、アポロ13号が爆発を伴う最枠のトラブルの中、スピードマスターの精度は乗組員の帰還に大いに貢献しました。深海探査の分野においても大きな功績を残しており、常にダイバーズウォッチの最先端をリードしています。また、オリンピックの公式計時を何度も任され、スポーツ・タイミングの世界でも計測の限界に挑み続けています。スイス各地で行われてきたクロノメーター・コンクールで圧倒的な実績を築き上げてきた開発力を持ち、現在も技術革新と挑戦を続けるブランドです。

オメガのデータ

オメガのシリアル番号一覧表
オメガのシリアル番号一覧表
製造年シリアル番号 製造年シリアル番号 製造年シリアル番号
18951,000,000 19022,000,000 19083,000,000
19124,000,000 19165,000,000 19236,000,000
19297,000,000 19358,000,000 19399,000,000
194410,000,000 194711,000,000 195012,000,000
195213,000,000 195615,000,000 195816,000,000
19611,8000,000 196320,000,000 196522,000,000
196725,000,000 196826,000,000 197029,000,000