タグ・ホイヤー リンク クロノグラフ キャリバーS Ref.CJF7110 黒文字盤

腕時計ポータルサイト:腕時計新聞 > タグ・ホイヤー > タグ・ホイヤー リンク クロノグラフ キャリバーS Ref.CJF7110 黒文字盤
タグ・ホイヤー リンク クロノグラフ キャリバーS Ref.CJF7110 黒文字盤

腕時計概要

タグ・ホイヤー「リンク」はエレガントスポーツウォッチとして人気の高いモデルです。リンクは腕に着けた時の装着感を追求したモデルでもあります。ダブルS字型リンクの流れるようなフォルムのブレスレットは人間工学に基づいて作られしなやかさと快適な装着感を実現しています。こちらは、独自に考案、開発、特許を取得したムーブメント「キャリバーS」を搭載したモデルです。キャリバーSは230ものパーツと、独立した5つの高性能双方向マイクロエンジンが搭載された複雑な機械式ムーブメントと正確なクォーツムーブメントが融合されたものです。リューズを押すだけで簡単に時計モードとクロノグラフモードに切り替えができます。中央の時針、分針、秒針により、クロノグラフの計測時間を表示することを可能にしました。この表示によりクロノグラフの計測時間は、瞬時に読み取れるようになり、高い視認性を確保しています。車のダッシュボードクロックに着想を得た4時と7時位置に配置されている半円状の「レトログレード」カウンターは、時計モードの時は、2099年までの永久カレンダー、クロノグラフモードの時は、1/10秒計、1/100秒計の役割を果たします。機能にこだわって作られたタグホイヤーならではのモデルです。 一部小傷有りとなっていますが、目立つ大きな傷ではありません。

品名TAG HEUER LINK CHRONOGRAPH CALIBRE S Ref.CJF7110
型番Ref.CJF7110
素材ステンレススチール
ブラック
サイズ43mm、メンズ
ムーブクォーツ
付属品箱、正規保証書

腕時計データ

ブランドタグ・ホイヤー(TAG HEUER)
商品名タグ・ホイヤー リンク クロノグラフ キャリバーS Ref.CJF7110 黒文字盤タグ・ホイヤー リンク クロノグラフ キャリバーS Ref.CJF7110 黒文字盤
特徴
掲載時価格178,000 yen
販売店アルファオメガ
在庫数商品ページにてご確認ください。
情報を共有する

タグ・ホイヤーの情報

タグ・ホイヤー社はスポーツウオッチの先駆者であり、現在もなおトップランナーであり続けています。数多くのスポーツマンに愛されたブランド。

創業地
スイス サン・ティミエ
創業年
1860
創業者
エドワード・ホイヤー

タグ・ホイヤーの解説

スポーツウオッチに注力

1860年、エドワード・ホイヤーが時計産業の中心であるサン・ティミエ(スイス)に時計工場を設立。これがタグ・ホイヤーの前身、ホイヤー社です。スポーツに関心の高かったエドワード・ホイヤーは創業当時よりスポーツ計時に力を注ぎ、1889年のパリ万博で世界初のスプリット機能付きポケット・クロノグラフを発表し銀賞を獲得しました。1920年には初めてオリンピックの公式計時を担当するなどして、以降あらゆる分野で高品質のスポーツウオッチを提供する世界のトップブランドへと成長します。現在の社名でもある「タグ・ホイヤー社」が発足したのは1985年。ホイヤー社がTAGグループに参入するかたちで誕生しました。

クロノグラフとタグ・ホイヤー

創設当初からストップウオッチや、クロノグラフといったスポーツウオッチの開発に力を注いでおり、クロノグラフの歴史に貢献しています。振動ピニオンから、世界初1/100秒単位の測定を可能にした機械式ストップウォッチ「Mikrograph」まで、この部門においての実績は常に世界のトップに位置しています。現在のコレクションでも、1/1000秒、計時となれば1/10,000秒という精度を誇る腕時計を提供できるブランドはタグ・ホイヤーのみと言っても過言ではありません。また、TAGグループであるマクラーレンチームのスポンサーとしても長期にわたり活動するなど、スポーツとの関係性も深い事で知られています。アイルトン・セナ、片山右京、キミ・ライコネンなどF1ドラ イバーの名前や、世界的に有名なプロゴルファー、タイガー・ウッズの名前を冠したモデルなども多数発売しています。創設当時からの革新を求める姿勢や究極の精度を追究する情熱、そしてプレステージスポーツをこよなく愛する精神が、現在でもタグ・ホイヤーブランドの中核となっています。