腕時計の選び方

腕時計を選ぶために

本数よりもバリエーションを

「腕時計コレクター」を自認する方であれば、少なくとも2本以上の腕時計を持っていると思います。しかし腕時計に興味のない人にとってみると、腕時計は持っていなくても全く問題がなく、多くても1本で十分、との認識があるようです。

しかし、「時計」は古くから男性のステイタスを表現する役割を果たして来ました。同時に、男性が身につけられる数少ないアクセサリーの一つでもあるのです。

こだわりを持った腕時計が「男のおしゃれ」には不可欠です。それを実現するためには、高額な腕時計を一本だけもっているよりは、ミドルクラスの腕時計を数本所有し、シチュエーションに応じて使い分ける方がセンスがよいと言えるでしょう。少なくともビジネスシーン、カジュアルシーンで使い分けが出来るように、雰囲気の違う腕時計を2本以上揃えるとよさそうです。

腕時計コレクターの陥りやすい過ち

腕時計コレクターはたくさんの腕時計を購入しますが、どうしても自分の趣味に偏った腕時計になってしまい、いざ腕に着けるとなると少し的の外れた選択をしてしまうことがあります。大切な会議にジャージ姿で参加することがないのと同様に、状況にふさわしい腕時計をエラに、身につけることが大切です。コレクションとは別に、実用できる腕時計をいくつか持てる余裕が理想です。

シチュエーション別

ビジネス

ビジネス仕事にはやはり堅実でしっかりとしたイメージの腕時計が最適です。定番の「ロレックス」「セイコー」等のブランドでシンプルなデザインのモデルや、「質実剛健」なイメージの強い「IWC」などもおすすめです。時間に遅れたりすることのないよう、現行品の電波時計やクオーツ腕時計がベターかもしれませんが、きちんと整備されているのであれば機械式時計、アンティーク時計も選択肢に入れることができます。

カジュアル

ビジネスとの違いを意図的に演出することで、有意義なオフタイムを過ごすことが出来ます。近年はデザインに遊び心の感じられる「ゼニス」や、その大きなケースが目を引く「パネライ」なども人気があります。「フランク・ミュラー」などもカジュアル・デザインの得意なブランドです。

スポーツ

スポーツスポーツの時こそいわゆる「スポーツモデル」がふさわしいかもしれません、とはいえ、いくらしっかりと整備された個体であっても、お気に入りの機械式時計をぶつけたり水に濡らしたりするのは抵抗があるものです。

そこでカシオの「G-SHOCK」が有力候補に挙げられるでしょう。その実力はすでに周知の物ですし、メタルブレスタイプなどのハイラインのものを選べばチープな印象になることもありません。近年は「Suunto」などの個性的なデザインのモデルや「アディダス」「ナイキ」などのスポーツメーカーの提供する腕時計も人気です。

パーティー

パーティオンタイム、オフタイム問わず、パーティーなどの「ハレ」の日にはそれにふさわしい腕時計が好まれます。「カルティエ」などの宝飾系ブランドや、「パテック・フィリップ」や「オーデマ・ピゲ」など雲上ブランドを付けるのはこのようなシチュエーションが最適といえるでしょう。

旅行

旅行にはすこし特別な格好をして出かけたくなりますが、あまり高額な時計を持って行くと旅行を楽しむどころでは無くなります。いつもとは違う環境に自分も腕時計も興奮状態になる可能性があり、紛失や故障の可能性も高くなるようです。こんな時にはポケットに収まる小さな懐中時計を携え、ゆっくりとした時間の流れを楽しむのも良いかもしれません。

プレゼントに最適

恋人の誕生日

誕生日に腕時計を贈るのは太っ腹な選択ですが、やはり選ぶべきブランドやモデルがあります。知名度の高くないブランドや限定モデルで個性的な自分をアピールするのも良いですし、婚約指輪なども作っている宝飾ブランドの腕時計を選んで意識させるのも良いでしょう。また手巻きのモデルを選んでいつも気にかけてもらうのもひとつの方法です。もちろん、逆効果になる場合もありそうですが。

結納返し

結納返し結納返しにはロレックス、ブライトリング、オメガが圧倒的に人気のようです。いずれも実用性に優れたよい腕時計ですが、すこし外して「カルティエ」や「ジャガー・ルクルト」などを選んでおけば、先々自分の欲しい物をおねだりしやすくなるかもしれません。

卒業、入学

卒業、入学などの折には、自分が使っていた腕時計を譲るのも素敵です。高額な腕時計はちょっと早いかな、という場合には「ポール・スミス」や「ISSEY MIYAKE」など安価ながらデザインに優れたモデルを贈るのはいかがでしょうか。また、セイコーの「セイコー5」を初めての機械式時計としてプレゼントするのもよい選択です。