ユニバーサル・ジュネーブ コンパックス SSケース ナイロンベルト仕様

腕時計ポータルサイト:腕時計新聞 > ユニバーサル・ジュネーブ > ユニバーサル・ジュネーブ コンパックス SSケース ナイロンベルト仕様
ユニバーサル・ジュネーブ コンパックス SSケース ナイロンベルト仕様

腕時計概要

ユニバーサル・ジュネーブのクロノグラフモデル「コンパックス」です。クロノグラフのムーブメントを自社製造する技術を持った、数少ない時計メーカーのひとつであった「ユニバーサル・ジュネーブ」。コンパックスはユニバーサル社を代表するモデルであり、アンティーク・クロノグラフを語る際には欠かすことができない腕時計の一つです。

機械式時計全盛期の当時、ユニバーサル・ジュネーブはクロノグラフメーカーの雄として知られていました。機能、デザイン、生産量で他のメーカーを圧倒していたようです。1935年に発表した「コンパックス」は、ユニバーサル・ジュネーブのクロノグラフ黄金期をスタートさせた記念碑的モデルです。その後、他の時計メーカー同様、クオーツ化の波には逆らうことができず、会社の勢いも衰え、会社の売買を繰り返していましたが、2003年以降は過去のモデル名を踏襲した機械式クロノグラフを発表するなど、往年の勢いを取り戻しつつあります。

3つ目のクロノグラフのかっこよさは説明するまでもありません。コンパックスはその後、インダイアルを減らした「ユニ・コンパックス」や機能を追加した「トリ・コンパックス」などバリエーションを増やしていきますが、「腕時計のデザインとして心地良い複雑さ」を実現できているのはオリジナルの「コンパックス」だけかもしれません。

現在も人気を集める「トリ・コンパックス」に比べると、市場での流通数も少なく、手にする頻度も少なくなってきました。シルバーダイアルにブルースチールの針を組み合わせたシンプルなデザインですが、コンパックスシリーズに共通して感じられる「大人の機械」の雰囲気が魅力的です。ナイロンベルトを組み合わせているためスポーティな印象になっていますが、革ベルトと合わせるとぐっとシックな印象になるでしょう。

文字盤の経年変化やケースの角がとれた手触り、またユニバーサル・デザインの時計が本質的に持っている真面目な印象が相まって、良い雰囲気に仕上がっています。現行の時計に比べて小さめのケースも魅力の一つでしょう。ここぞ、という場面にも使える「パートナー」にふさわしい腕時計です。

腕時計データ

ブランドユニバーサル・ジュネーブ(UNIVERSAL GENEVE)
商品名ユニバーサル・ジュネーブ コンパックス SSケース ナイロンベルト仕様ユニバーサル・ジュネーブ コンパックス SSケース ナイロンベルト仕様
特徴
掲載時価格198,000 yen
販売店アンティーク時計通販専門店・タイムピース
在庫数SOLD OUT
情報を共有する