ウォルサム 14KWG ダイヤ装飾 アンティーク 手巻き レディースウオッチ 分解掃除済み

腕時計ポータルサイト:腕時計新聞 > ウォルサム > ウォルサム 14KWG ダイヤ装飾 アンティーク 手巻き レディースウオッチ 分解掃除済み
ウォルサム 14KWG ダイヤ装飾 アンティーク 手巻き レディースウオッチ 分解掃除済み

腕時計概要

ウォルサム社の手巻き腕時計です。ウォルサムは懐中時計の名機を多数送り出したことで知られるアメリカ最古の時計ブランドのひとつです。アブラハム・リンカーンや川端康成もウォルサムを愛用していたことで知られます。

アンティーク感満点のオリジナルの文字盤に立体的なインデックス(時の表示)を配しています。アーモンドを引き延ばしたようなケース形状が、手首にぴったりとフィットします。ラグ(ベルト取り付け部分)にはふんだんにダイヤを並べ、他のアンティーク時計とは一線を画したエレガントな時計に仕上がっています。この時計の繊細な輝きは、貴女に他にはない個性をさり気なく演出してくれるでしょう。

現代では珍しい手巻きの腕時計です。手巻きとはゼンマイを動力とする機械式時計の一つです。竜頭を回してゼンマイを巻上げ、ゼンマイが徐々に解ける力で動きます。電池交換の必要もなく、「エコロジー」的観点からも見直されています。電池で動くクオーツと比べると若干精度が劣りますが、実用する上では全く問題のないレベルです。ケースは価値のある14Kホワイトゴールド。ホワイトゴールドはイエローゴールドと比べ、より日本人の肌色に違和感なく馴染むといわれています。

フォーマルなパーティスタイルやドレスアップした時はもちろん、カジュアルなスタイルに女性らしさを加えるアクセントにも適しています。腕に着けていても邪魔にならないミニマルなサイズ感も着こなしの幅を広げます。今、注目されつつある「アンティーク風」腕時計とも、またブランド名ゆえに価格の高いブランドウオッチとも違う、アンティークウオッチは大切な人へのプレゼントとして、また自分へのご褒美としてもオススメです。

腕時計データ

ブランドウォルサム(WALTHAM)
商品名ウォルサム 14KWG ダイヤ装飾 アンティーク 手巻き レディースウオッチ 分解掃除済みウォルサム 14KWG ダイヤ装飾 アンティーク 手巻き レディースウオッチ 分解掃除済み
特徴
掲載時価格125,000 yen
販売店レディースアンティークウオッチの販売・ドレス
在庫数SOLD OUT
情報を共有する

ウォルサムの情報

ウォルサムはアメリカ最古の時計メーカーです。腕時計の近代的な大量生産方式を確立した 先駆けとしてしられています。

創業地
アメリカ マサチューセッツ州ロックスベリ
創業年
1850
創業者
アーロン・L・デニスン、エドワード・ハワード

ウォルサムの解説

度重なる経営方針の変更

1850年に設立された「ハワード、デイヴィス&デニスン」社がウォルサムの前身です。1853年には「ボストン・ウオッチ・カンパニー」に社名を変更。翌1854年にはボストン郊外のウォルサムに工場を新設し、100名近い職人を抱え週に30個という驚異的な生産能力で懐中時計を製造していました。しかし不況に伴い、1857年位は倒産してしまいます。この会社を買い取ったロイヤル・E・ロビンスは、少数モデルを大量生産することでコストダウンを図り、高級な懐中時計を高価格で販売する方針で経営を続けました。南北戦争による不況に伴い、一転して廉価な懐中時計の製造に注力します。これが兵士にうけ、会社の経営はひとまずの安定期を迎えました。

モデルの多様化と「レディ・ウォルサム」

1885年に社名を「アメリカン・ウォルサム・ウオッチ・カンパニー」と改名し、翌1886年に社長に就任したE・C・フィッチにより消費者ニーズに応えてモデルを多様化し、会社は成長期を迎えます。1906年には「ウォルサム・ウオッチ・カンパニー」に改称します。1912年には同社としてははじめての婦人用腕時計「レディ・ウォルサム」を発表し、女性のファッションに一石を投じました。