ゼニス キャプテン エリート 黒文字盤 03.2020.670/21.C493

腕時計ポータルサイト:腕時計新聞 > ゼニス > ゼニス キャプテン エリート 黒文字盤 03.2020.670/21.C493
ゼニス キャプテン エリート 黒文字盤 03.2020.670/21.C493

腕時計概要

懐かしさを感じさせるデザインの「キャプテン エリート」。6時位置のデイトやダイヤルなどは、1950年から1960年代の時計の黄金期のデザインを念頭に開発されました。センターセコンド仕様の薄型自動巻きムーブメント「Cal.Elite 670」を搭載。ケースはシースルーバックになっており、自慢のムーブメントを鑑賞できるようになっています。自社ムーブメントを搭載したモデルにもかかわらず、控えめなプライスもうれしいポイントです。

品名キャプテン エリート
型番03.2020.670/21.C493
素材ステンレス
ダイアルカラーブラック
ムーブメント自動巻 Cal.670
サイズケース:40mm(リューズ除く)
仕様シースルーバック
付属品国際保証書、純正ボックス

腕時計データ

ブランドゼニス(ZENITH)
商品名ゼニス キャプテン エリート 黒文字盤 03.2020.670/21.C493ゼニス キャプテン エリート 黒文字盤 03.2020.670/21.C493
特徴
掲載時価格278,000 yen
販売店宝石広場
在庫数商品ページにてご確認ください。
情報を共有する

ゼニスの情報

腕時計に興味があるかどうかは「ゼニス」を知っているかどうかで判断できる、とも言われる玄人好みの腕時計メーカーです。

創業地
スイス ジュウ渓谷 ル・ロックル
創業年
1865
創業者
ジョルジュ・ファーブル・ジャコ

ゼニスの解説

時計製造のマニュファクチュールの実現

スイス時計産業の中心地であるジュウ渓谷のル・ロックル。時計製造のマニュファクチュールの実現を夢見ていたジョルジュ・ファーブル・ジャコによって、ゼニスは1865年に創設されました。ジョルジュは1911年に自らのマニュファクチュールに、宇宙の頂点を意味する「ゼニス」と名づけ、幸運への道しるべである星をシンボルマークとしました。ゼニスはスイスの時計メーカーでありながらアメリカ式生産方式を積極的に取り入れ、互換性のある部品を使用し修理可能な時計の生産を行うなど、当時としては革新的な時計メーカーでした。創業の10年後には総従業員が1,000名を超える大規模メーカーへと発展し、瞬く間にスイスを代表する大手時計ブランドとなりました。

世界屈指の総合時計メーカー

最先端のクオーツ時計を発表する一方で、現在もクラシカル・ポケットウオッチの生産を続けているように、守備範囲の広い、世界屈指の総合時計メーカーであるといえます。ゼニスと言えば、高性能クロノグラフがブランドの代名詞。多くのクロノグラフに搭載されている自社製ムーブメント「エル・プリメロ」の完成度は高く、誕生当初の1969年から僅かな改良を加えたのみで現在もなお世界最高峰の自動巻クロノグラフムーブメントとして君臨しています。エル・プリメロの存在は、ゼニスをその名にふさわしい「究極」「頂点」のブランドとして位置づけているといえます。