腕時計はプレゼントに最適?

腕時計はプレゼントに最適?

腕時計を贈る

ブランド腕時計は高いので、そうそう気軽に手にすることができません。だからこそ腕時計をプレゼントとして貰えるのであれば、こんなに幸せなことはありません。腕時計を贈答品として使う際に気をつけるべきことはあるのでしょうか。

腕時計のメッセージ

先に書きましたように、腕時計は高額な商品です。それだけに、クリスマスや誕生日など1年の特別な日に奮発したプレゼントとして贈られることが多いようです。それをなんとなく感じてなのか、「重い」プレゼントだと受け取られることが多いかもしれません。特に、腕時計は「時間」を象徴する(というか視覚化する)道具です。贈る人の思いとは関係なく、「あなたの時間を大切に」のメッセージに加えて「あなたの時間をわたしにください」というような隠れたメッセージを読み取る人もいるようです。

はじめてのプレゼントにはNG

そのように考えると、彼氏や彼女、夫婦間でプレゼントするのであれば問題ないかもしれませんが、関係性が確立していない人への初めてのプレゼントとしてはふさわしくないのかもしれません。

事前の調査が必要

次に気をつけたいのは、「贈られる人が腕時計を使うかどうか」です。1970年代までは就学や就職のお祝いとしてもよく用いられた腕時計ですが、近年は腕時計を使わない人も増えたので、腕時計をプレゼントされると困る人が多いかもしれません。貰ったけれど使わないプレゼントになってしまうと、贈った人にも贈られた人にも、そして腕時計にとっても良いことではありません。その人が腕時計を使ってくれそうかどうか、気取られないように調べて見る必要があります。

こだわりの有無

逆に、腕時計をいつも着ける人、好きな人にとっては「腕時計は自分で選びたい」という気持ちも強いでしょう。体のいちばん近い場所に着ける道具なので、こだわりの多い人もたくさにます。特に、男性が女性に、女性が男性に贈る場合は前述の「腕時計を使うかどうか」以上に、「どんな腕時計なら使ってくれそうか」の調査が必要でしょう。

一緒に買いに行く

贈答しあう二人の信頼関係や相手への理解が問題ない場合、腕時計は素晴らしいプレゼントになるでしょう。ただ、どんなプレゼントでも失敗はつきものですので、万全の自信がない場合は「一緒に買いに行く」ようにしましょう。それを断られるようであれば、腕時計を贈っても喜ばれない相手かもしれませんね。

記事のメタ情報

イメージ
カテゴリー
公開日2018年1月22日
著者watchjournal

腕時計の情報(新着順)

腕時計の情報(人気順)