腕時計ポータルサイト:腕時計新聞

社会人は腕時計をいくつ持っているべきか

社会人は腕時計をいくつ持っているべきか

腕時計不要論

腕時計が好きな人や蒐集している人は別として、今では腕時計を持っていること自体が珍しくなってしまいました。「スマホがあれば腕時計なんていらないよね」という会話は街のいたるところから聞こえてきます。しかし、携帯電話の登場からすでに数十年経過しているにも関わらず、腕時計の文化がなくなっていないのはなぜでしょうか。また、多くの方は気がついているはずです。「仕事のできる人」は腕時計をしていることを。社会人になれば、必然的に腕時計が必要なシーンがあるはずです。では、社会人は腕時計をいくつ持っているべきなのでしょうか。

すくなくとも2本以上は持っていたい

そもそも「腕時計なんて本当はいらないのに」と思っている人に、「2本以上は腕時計を持っていないと」と言ってもなかなか伝わらないと思います。実は、この結論には「常に腕時計をつける生活をするのであれば」という前提があります。仕事のときだけ腕時計を着ける、あるいは仕事の時は着けないけれどそれ以外の時は腕時計を着けたい、という方は、もしかしたら1本でもよいかもしれません。ただ、腕時計をつけてしばらく経つと、腕時計で時間をみるクセがつきますので、そのときに腕時計をしていない場合のことを考えてみてください。一日中これを繰り返すと、なかなかのストレスであることが想像いただけると思います。腕時計を一度使い始めると、オンオフ関係なくつけていたくなるはずです。

腕時計はファッションアイテムの一つであり、なおかつ主役というよりは脇役の存在です。ですので、ファッションで主役となる衣服を中心にして考えると良いでしょう。普段、自分がしているファッションをジャンル分けしてみましょう。そのジャンルの数だけ腕時計を用意できるのがベストですが、ここでは対極となる「フォーマル」と「カジュアル」の場合で考えて、「すくなくとも2本」を提案します。

フォーマルな腕時計

まずは仕事で使える腕時計です。フォーマル、と書きましたが厳密なフォーマルファッションではなく、スーツスタイルで使うことを考えてください。腕時計新聞では「ビジネス」というタグや「ドレスウォッチ」というタグを設けており、これらの腕時計が「仕事で使える腕時計」に該当します。外観はシンプルなものが好ましいです。シャツの袖に引っかかったりしないように、ゴツゴツしたものは避けましょう。クロノグラフは悪くはないですが、ベストとはいえません。ダイバーズはどうしても大きくなりがちですので、厳しい部類に属します。スポーツウォッチではないもの、を考えるとわかりやすいですね。G-SHOCKなどの金属素材ではない腕時計も業種によってはアリですが通常はナシです。

カジュアルな腕時計

一方で、カジュアルで使える腕時計を考えてみましょう。休日に出かける時を想定します。スポーツウェアほどラフでなくとも、ジーンズを履いたりするときなどはいわゆるスポーツウォッチがよく似合います。クロノグラフダイバーズアヴィエーションウォッチ(航空時計)の出番です。休日でもジャケットで大人のスタイル、という方もおられると思いますが、その場合もオフであることを伝えられるよう、フォーマルのときとは違う腕時計を着けたいところです。このときのためにアンティーク時計を着ける、という選択も素敵ではないでしょうか。

フォーマルでもカジュアルでも使える腕時計

「フォーマルでもカジュアルでも使える腕時計」があれば一番良いのですが、これがありそうでないのが悩ましいところです。もし、お持ちの腕時計がスーツにも、そして自身のカジュアルファッションでもうまくハマっていると思っておられるのであれば、その腕時計は大切にするべきです。

3本あると安心

良い腕時計は高額なので、2本以上用意しろ、というのはなかなか現実的ではないかもしれません。しかし、何も数十万円の腕時計を複数用意する必要はないのです。一番格好悪いのは、無理して身の丈以上のブランド時計を買って、それを仕事でもデートでも、スポーツでもパーティでも着けていることです。同じお金を払って、お手頃な腕時計をバリエーション豊かに用意するほうが賢い買い物です。

たとえば筆者の場合、本当に欲しかったお気に入りのアンティークが一本、仕事でも気軽に使える中古時計が一本、カジュアルファッションや腕を出すときに使うG-SHOCKが一本、スポーツのときに使うチープカシオが一本、この4本がメインローテーションです。総額で30万円に届くかどうか、というところでしょうか。参考になれば幸いです。

記事のメタ情報

カテゴリー
公開日2018年1月6日
著者watchjournal

腕時計の情報(新着順)

腕時計の情報(人気順)