腕時計ポータルサイト:腕時計新聞

色と腕時計:金(ゴールド)

色と腕時計:金(ゴールド)

金色の腕時計

「金色の腕時計」ときくと、多くの方は怪訝な表情を浮かべることでしょう。ともすると「成金趣味」とか「下品」のような、悪い印象がつきものですが、じつはそんな事は全くありません。金色の腕時計のイメージや使い所についてまとめてみました。

高級品

そもそも腕時計は、時代を問わず高級品です。ただ、1970年代初頭のクォーツショックから、1980年代後半にスイスの時計業界が息を吹き返すまでの期間、腕時計の価格低下と大衆化が一気に進みました。とはいえ、今も「本当に良い時計」を買おうとすると6桁、下手すると7桁のお金が必要です。

定番のひとつ

黒、白、銀などと並んで、金色も定番カラーのひとつです。前述のように高級品であり続けた腕時計には、それにふさわしい外観が求められます。そのとき使う色はやはりゴールドではないでしょうか。

コンビの腕時計

とはいえ、すべてを金色にすると「総金無垢」の腕時計となり、目が飛び出るほど高額な腕時計になってしまいます。現実的な価格ながら、金の高級感をうまく取り入れたのがいわゆる「コンビ」の腕時計です。コンビの腕時計はステンレスをベースにしながらも、ベゼルやブレスレットの一部、文字盤の一部に金色をうまく使うことで、程よい高級感を演出しています。

肌の色を問わない

金色はどんな肌の色にも合わせやすい色です。白い肌、黒い肌、黄色い肌、いずれも収まりがよく、人類の歴史において、世界中で金が装飾品として用いられてきた理由の一端を垣間見ることができます。

金の使い方

冒頭に書いたような「成金イメージ」は、おそらく20世紀のドラマや映画、漫画の影響だと思われます。21世紀の若者にはそのようなイメージは無いはずです。ファッションの中で金色をうまく使えるのは素敵なことです。金色の腕時計を印象だけで判断せず、自身の腕にあてがうことからスタートしてみてください。「あ、おもったよりも似合う」と感じること請け合いです。

記事に登場する腕時計を探す

記事のメタ情報

カテゴリー
公開日2018年3月30日
著者watchjournal

腕時計の情報(新着順)

腕時計の情報(人気順)