腕時計ポータルサイト:腕時計新聞

電波時計について

電波時計について

電波時計とは

電波時計とは、標準電波を受信して時刻を修正する機能がある時計のことです。もともとは高所に設置する時計などで、時刻調整の手間を簡便にするために用いられていましたが、小型の電波受信モジュールが登場して以降、腕時計タイプの電波時計もたくさん発売されるようになりました。1970年代以降、世界の時計産業をリードしてきた日本製の腕時計に多く搭載されています。

高精度のからくり

電波時計の仕組みは次のようなものです。原子時計に基づいた正確な時刻の情報を電波としておくり、それを受信した時計が時刻を同期することで正確な時刻表示を可能にしています。原子時計は10万年に1秒ずれるかどうかくらいの高精度なので、これを基準としている電波時計も正確である、という仕組みです。電波時計は、標準電波を安定して受け取れる場所で使わなければいけません。

実はクォーツ式時計

標準電波を受信して、時計内部の時刻を調整した直後は正確といえますが、次に標準電波を受信するまでの間は一般的なクォーツ式時計として稼働します。クォーツ式時計でも実生活では十分な精度で時を刻みますが、もし何らかの理由で標準電波が受信できない環境が続くと、時計の時刻はどんどんずれていくことになります。腕時計はいろいろな環境で使いますが、置時計型の電波時計を設置する際には十分注意が必要です。

標準電波の送信元

標準電波は、日本では福島県と佐賀県にある電波塔から送られています。地域によっては両方受信できるところもあるし、片方しか受信できないところもあるようです。それぞれ200mを越す高さの電波塔が備えられています。

時計以外の機械

実は、時計以外にも電波によって時刻情報を受け取ることができる機械はあります。例えばほとんどの方がお持ちの「スマホ」や、多くの車についている「カーナビ」、あるいは「テレビ」などもそうかもしれません。これらは前述の標準電波を利用しているわけではなく、それぞれ利用している電波に時刻情報を乗せて、時刻の調整しているようです。いずれも正確な時間があると便利になる機械ばかりです。

世界で使える電波時計

電波時計の醍醐味を一番感じられるのは、海外に行ったときです。アメリカ、イギリス、ドイツ、中国でも標準電波が発信されているため、対応する腕時計であればそれらの国の電波を受け取り次第自動的に時刻を調整してくれます。各国対応の電波時計は、たとえそれを使う機会がほとんどなかったとしても、機械としてのストーリーや魅力は十分にありそうです。

記事のメタ情報

カテゴリー
公開日2018年3月12日
著者watchjournal

腕時計の情報(新着順)

腕時計の情報(人気順)