腕時計の洗剤

腕時計の洗剤

腕時計の洗剤

「腕時計の洗剤」といっても、腕時計をまるごと洗える便利な洗剤があるわけではありません。一般的な家庭にあるものを洗剤や溶媒(汚れを溶かすもの)として、腕時計をきれいにする方法についてまとめました。なお、これらの方法はあくまでも簡易的な洗浄方法であり、ご自身の腕時計にためす場合は、自己責任でお願いします。

腕時計の汚れを落とす一番の溶媒は「水」です。大抵のホコリやヨゴレは、水で落とすことができますが、ポイントは「汚れた直後」に水洗いすることです。皮脂などの油性の汚れであっても、水に濡らした後、乾いた布で拭えばおおむねきれいにすることができるでしょう。もちろん、アンティークやヴィンテージには水が厳禁ですし、現行の腕時計であっても、蛇口から直接水をかけるのは避けたほうが良いでしょう。

お湯

お湯は水よりも汚れが落ちそうなイメージがありますが、これはブレスレットなど金属部分に限ります。風防にお湯を使うと、表面の保護コーティングが取れてしまうことがありますので、あまりおすすめしません。

石鹸

水洗いで落ちない汚れは、「石鹸」を使うと良いでしょう。固形石鹸でも液体石鹸でも、きちんと泡立ててから使ったほうが良いです。石鹸残りは新たな汚れになりますので、石鹸を使用した後はよく水洗いしましょう。

中性洗剤

食器用などの中性洗剤も、石鹸同様いろいろな汚れを落とすことができます。泡切れや水切れも良いので、オススメの洗剤のひとつです。直接かけるよりも、少量の水で泡立ててから使うほうがより効果が期待できます。

オイル

石鹸や中性洗剤では簡単に落とすことができない油性の汚れは、「油(=オイル)」で落とすことができます。油といっても食用油やオリーブオイルではなく、揮発性の高いライターオイルやしみ抜き用のベンジンなどがオススメです。複雑な構造のブレスレットなどは、雑巾の上にブレスレットを置いて、オイルをかけて汚れを溶出させると、効率よくお汚れを落とすことができます。オイルを使ったあとは、必ず石鹸などを併用しながら水洗いをして、オイルが残らないようにしましょう。

アルコール

消毒用エタノールなどに代表されるアルコールは、水に溶ける汚れも油に溶ける汚れも落とすことができるので、万能の洗剤と言って良いかもしれません。ただし、一部のプラスチックやガラスには、アルコールに反応して変質するものがありますので注意が必要です。上記のオイルを使ったクリーニング後に使うのも効果的です。

記事のメタ情報

イメージ
カテゴリー
公開日2019年3月18日
著者watchjournal

腕時計の情報(新着順)

腕時計の情報(人気順)