腕時計ポータルサイト:腕時計新聞

ピアジェ ポロ45 G0A34011 メンズ(0063PIAU0001) 中古 腕時計 送料無料

ピアジェ ポロ45 G0A34011 メンズ(0063PIAU0001) 中古 腕時計 送料無料

    商品解説

    商品名

    ピアジェ メンズ ブランド腕時計 自動巻 ブラックダイアル カレンダー USED(中古)

    概要

    腕時計ブランドの中でもハイクラスに分類されるピアジェの腕時計です。メンズサイズ。

    デザイン

    腕時計でもっともスタンダードな円形の文字盤です。抜群の人気を誇るブラックダイアル。精悍さがウリです。腕時計の基本となるシンプルなアナログ表示です。シンプルなだけに、デザインの完成度の高さが必要です。 革ベルトでもブレスレットでもない、樹脂や紐などを使用したベルトです。これまでは腕時計に使うことの少なかった、新素材を採用した一本です。主となる素材を含め、2つ以上の素材を使用しています。

    スペック

    自動巻です。腕の動きでゼンマイが巻き上がる腕時計との一体感は自動巻ならでは。カレンダー機能付き。カレンダーはあるとないとでは大違いの機能の一つです。

    コンディション

    中古(USED)の腕時計です。中古、というとネガティブな印象もありますが、腕時計ではヴィンテージやアンティークと呼ばれ、希少性のためプレミア価格になることもしばしばあります。各ブランドが主戦場と位置づけている価格帯の腕時計です。人気商品のため売り切れとなっています。同様の商品をお探しください。

    売り切れ/掲載終了

    商品データ

    商品名 ピアジェ ポロ45 G0A34011 メンズ(0063PIAU0001) 中古 腕時計 送料無料
    ショップによる解説
    お問合せ用コード U-G0A34011 ブランド PIAGET(ピアジェ) 型番 G0A34011 商品名 ポロ45 材質 ステンレススティール/SS×チタン/TI 文字盤 ブラック/Black ムーブメント 自動巻き/Self-Winding サイズ ケース:直径 45.0mm (リューズ含まず)腕周り:18cm全重量:115g 付属品 無し(※当店オリジナルボックスをお付けいたします) メンテナンス情報コンディション オーバーホール(当店にて 2017年4月)入荷時より状態が良かったため敢えて仕上げはしておりません。微細な傷は残りますが、目立つ打ち傷など無く全体的に綺麗です。針、ダイアルの状態も良く、ベゼル、ガラスも良いコンディションです。ラバーベルトに少し汚れが残ります。当店にて外装クリーニング済みです 当社保証 内部機械の自然故障について ご購入日より 1年間詳しくはこちらをクリック モデル情報 「ポロ45」はケースサイズがポロの競技時間と同じ“45”であることに由来します。ピアジェでは馴染みの薄いチタン、ラバー、ステンレススティールなどの素材を使い、真っ赤なセンターセコンドを用いることでスポーティなデザインに仕上げました。ムーブメントには自動巻き“800P”を搭載、薄さだけでなく85時間のパワーリザーブ、ビックサイズデイトなど、機能面でも充実した一本です。 個別コード 0063PIAU0001
    ショップGINZA RASIN 楽天市場店
    ブランド
    価格743,000743000743000円 (税込・ 送料込)
    状況SOLD OUT
    お気に入りFAVORITEお気に入り腕時計一覧
    売り切れ/掲載終了

    ご利用上の注意

    • 在庫状況は随時更新しておりますが、タイムラグがある場合があります
    • ご注文に際してはリンク先の商品ページの情報をよく確認してください

    ブランド情報(ピアジェ)

    ピアジェとは

    「ピアジェ」の名前は、2つのカテゴリーでひろく知られています。ひとつは高級ジュエリーのブランドとして、もうひとつは高級腕時計のブランドとしてです。ピアジェの「求められる以上に良いものをつくる」精神は、両方の分野での輝きを維持出来る理由の一つとなっています。

    ブランドのはじまり

    ピアジェのはじまりは、1874年。スイスのラ・コート・オ・フェにジョルジュ・エドワール・ピアジェが工房を設立したところからスタートします。農場の中の小さな工房からスタートし、やがて当時すでに名をとどろかせていたブランドからも製作を依頼されるまでになりました。どちらかというとデザインよりも精緻な技術にスポットが当てられていた時代です。

    デザインへの傾倒

    1943年にブランドの商標登録を行うのと前後して、腕時計のアクセサリー的な要素の重要さに気付いたピアジェは、時計制作技術に加えて外装デザインにも注力するようになります。その後、創業者の孫であるジェラルド・ピアジェとヴァランタン・ピアジェがその先頭に立ち、世界進出を果たします。スイスの古豪時計ブランドでは、この時期に市場を拡大出来たかどうかは、ブランドが現存しているどうかに大きな影響を与えています。

    薄型ムーブメント

    世界進出を成功させたピアジェは、1945年に新たな時計工場を建設します。当時からピアジェの薄型のムーブメントは高い評価を得ていましたが、1957年、厚さがわずか2.3mmという極薄の自動巻ムーブメント「キャリバー12P」の開発に成功します。もともと技術のあったピアジェがデザインでも評価され、さらに原点に立ち返って技術でも評価されるという、なかなか真似の出来ない偉業を成し遂げたのです。

    スタイルの確立

    極薄ムーブメントの開発成功は、その後のピアジェのスタイルに大きく影響を与えます。薄型化と同様の技術で小型化されたムーブメントを開発し、さらにデザインの自由度の高い時計制作が可能になりました。この頃から、大胆なデザインと高いクリエイティビティがピアジェの代名詞となり、ブランドのスタイルとして確立していきます。1960年代には金細工が得意な工房を吸収するなど、より完璧な高級時計制作を目指す姿勢を明らかにしました。ピアジェを代表するモデル「Polo」もこの頃誕生しています。

    ラインアップと研究開発の強化

    1990年代には乱立する新参ブランドとの差を明確にすべく、ピアジェの歴史上の名作にインスパイアされたラインナップを発表します。2001年には新工場も設立。ここでは時計職人とジュエリー職人を一つ屋根の下に集めることで、研究開発にさらに力を入れるようになりました。創業者の「求められる以上に良いものをつくる」精神は、現在のピアジェにもしっかりと受け継がれており、その地位を不動のモノとしています。

    ピアジェの腕時計

    Update 2017/11/17 by watchjournal