腕時計ポータルサイト:腕時計新聞

ウブロ クラシックフュージョン チタニウム キングゴールド 542.NO.1180.RX メンズ(007UHBAU0056) 中古 腕時計 送料無料

ウブロ クラシックフュージョン チタニウム キングゴールド 542.NO.1180.RX メンズ(007UHBAU0056) 中古 腕時計 送料無料

    商品解説

    商品名

    ウブロ メンズ ブランド腕時計 自動巻 ブラックダイアル カレンダー USED(中古)

    概要

    近年高い注目度を集め、トップブランドに上り詰めたウブロの腕時計です。メンズサイズ。

    デザイン

    腕時計でもっともスタンダードな円形の文字盤です。抜群の人気を誇るブラックダイアル。精悍さがウリです。腕時計の基本となるシンプルなアナログ表示です。シンプルなだけに、デザインの完成度の高さが必要です。 革ベルトでもブレスレットでもない、樹脂や紐などを使用したベルトです。これまでは腕時計に使うことの少なかった、新素材を採用した一本です。主となる素材を含め、2つ以上の素材を使用しています。

    スペック

    自動巻です。腕の動きでゼンマイが巻き上がる腕時計との一体感は自動巻ならでは。カレンダー機能付き。カレンダーはあるとないとでは大違いの機能の一つです。

    コンディション

    中古(USED)の腕時計です。中古、というとネガティブな印象もありますが、腕時計ではヴィンテージやアンティークと呼ばれ、希少性のためプレミア価格になることもしばしばあります。各ブランドが主戦場と位置づけている価格帯の腕時計です。人気商品のため売り切れとなっています。同様の商品をお探しください。

    売り切れ/掲載終了

    商品データ

    商品名 ウブロ クラシックフュージョン チタニウム キングゴールド 542.NO.1180.RX メンズ(007UHBAU0056) 中古 腕時計 送料無料
    ショップによる解説
    お問合せ用コード U-542NO1180RX ブランド HUBLOT(ウブロ) 型番 542.NO.1180.RX 商品名 クラシックフュージョン チタニウム キングゴールド 材質 チタン/TI×キングゴールド/King Gold 文字盤 ブラック/Black ムーブメント 自動巻き/Self-Winding サイズ ケース:直径 42.0mm (リューズ含まず)全重量:93g 付属品 無し(※当店オリジナルボックスをお付けいたします) メンテナンス情報コンディション 外装仕上げ/機械点検(当店にて 2017年10月)微細な傷が残る程度で目立つ傷は見受けられません。仕上げ済みで全体的に綺麗です。ダイアルのシミや腐食など無く、針も綺麗です。ベゼル各所に細かな傷、ガラスコーティング11時位置に微細な傷がございます。ラバーベルトは洗浄済みで綺麗な状態からお使い頂けます。 当社保証 内部機械の自然故障について ご購入日より 1年間詳しくはこちらをクリック モデル情報 ウブロが掲げるフュージョンコンセプトとクラシックシリーズが融合して生まれた“クラシック・フュージョン”コレクション。こちらのモデルは素材にチタンとキングゴールドを使用しており、見た目以上に重さを感じさせません。また、アクセントとして各所に使用されたキングゴールドが、シンプルながらも豪華さを感じさせてくれるモデルとなっております。 個別コード 007UHBAU0056
    ショップGINZA RASIN 楽天市場店
    ブランド
    価格694,000694000694000円 (税込・ 送料込)
    状況SOLD OUT
    お気に入りFAVORITEお気に入り腕時計一覧
    売り切れ/掲載終了

    ご利用上の注意

    • 在庫状況は随時更新しておりますが、タイムラグがある場合があります
    • ご注文に際してはリンク先の商品ページの情報をよく確認してください

    ブランド情報(ウブロ)

    ウブロとは

    ウブロは1980年創業の比較的新しいブランドです。新素材を意欲的に採用するなど前衛的な時計づくりが特徴で、代表作「ビッグ・バン」を大当たりさせて時計業界でのポジションを一気に築き上げました。

    創業とブランド名

    ウブロはカルロ・クロッコによってスイスで創業されました。現在の人気からは想像出来ないですが、これが約40年前のことです。ウブロの社名はフランス語で「舷窓」を意味しており、船に取り付けた窓を連想させるデザインのベゼルを持つモデルを多数製作しています。

    素材の挑戦

    腕時計といえば本体が金属、ベルト部分が革もしくは金属、という時代が非常に長く続きました。ウブロはその常識を破ることで、すでに円熟しきった時計業界に切り込みました。高級感のある金素材とスポーティなラバー素材を組み合わせるなど大胆な素材使いは当時賛否両論ありましたが、多くは歓迎の声だったようです。実は、腕時計業界において、素材でのアピールはなかなか上手くいかないことが歴史的に証明されているのですが、数少ない成功例のひとつとして他のブランドにも影響を与えたことは間違いありません。

    ジャン・クロード・ビバー

    2004年、オメガのマーケティング戦略を担ってきたジャン・クロード・ビバーがウブロのCEOに就任します。彼は「ブランドの持つ個性の継続」と「素材の融合」をコンセプトに、ウブロらしい時計の製作に着手します。もちろん、すでに時計業界で名の通ったジャン・クロード・ビバーの参画も注目度を上げるのに一役買ったのは言うまでもありません。

    ビッグ・バン

    2005年に発売した「ビッグ・バン」シリーズは高い評価を受け、時計にまつわる賞も沢山受賞するなどウブロの地位を一気に高めました。ビッグ・バンは、ウブロの売上を3倍に、一節によると10倍に引き上げたそうです。デカ厚時計ブームにのったウブロはさらに大きな「キングパワー」シリーズをリリースし、そのジャンルの代名詞的存在になりました。

    独自ムーブメント「ウニコ」

    ウブロの魅力は外装の素材やデザインだけではありません。ビッグ・バンのヒット後は技術への注力をすすめ、独自開発の自社ムーブメントである「ウニコ」を完成させました。スペイン語で「ユニーク」を意味するウニコは、スケルトンバックでみたときの美しさを意識してつくられており、傑作の誉れも高いムーブメントです。さらに、開発部にグランドコンプリケーション部門を設けており、さらなる技術力の向上のための投資を惜しみません。

    積極的なコラボレーション

    古典的なマーケティング手法ではあるものの、ウブロは有名人や企業、スポーツイベントとのコラボレーションも積極的に行っています。F1やFIFAワールドカップでタイムキーパーを努めたのを筆頭に、世界市場を意識した有名人や団体とのコラボレーションは時計業界を超えて注目を集めています。

    ウブロの腕時計

    Update 2017/11/17 by watchjournal