ゼニス キャプテン クロノメーター Cal.2542PC ステンレススチール シルバーダイアル 1960年代 中古 アンティーク メンズ

ゼニス キャプテン クロノメーター Cal.2542PC ステンレススチール シルバーダイアル 1960年代 中古 アンティーク メンズ
  • スーツスタイル
  • 爽やかな印象
  • アンティーク
  • シンプル

商品解説

商品名

ゼニス メンズ ブランド腕時計 手巻き 自動巻 シルバーダイアル カレンダー アンティークウォッチ USED(中古)

概要

実力と人気を兼ね備えたゼニスの腕時計です。メンズサイズ。1960年代以前の製造です。本来アンティークとは、製造から100年以上が経過したものを指しますが、腕時計ではこのあたりの年代の腕時計を指すことが多いです。

デザイン

腕時計でもっともスタンダードな円形の文字盤です。万能の文字盤カラーなので、つけるシチュエーションを問いません。腕時計の基本となるシンプルなアナログ表示です。シンプルなだけに、デザインの完成度の高さが必要です。 腕時計然とした印象になる革ベルト仕様の腕時計です。革ベルトは装用感に優れます。現代の腕時計としては一般的な、ステンレスを採用した一本です。ステンレスはキズや腐食に強く、価格とのバランスが良いことで知られています。

スペック

手巻きです。ジリジリとゼンマイを巻き上げて時計に命を与える体験は、手巻き腕時計のオーナーだけに与えられた至福の時間です。自動巻です。腕の動きでゼンマイが巻き上がる腕時計との一体感は自動巻ならでは。カレンダー機能付き。カレンダーはあるとないとでは大違いの機能の一つです。

コンディション

中古(USED)の腕時計です。中古、というとネガティブな印象もありますが、腕時計ではヴィンテージやアンティークと呼ばれ、希少性のためプレミア価格になることもしばしばあります。ブランド腕時計としてはお求めやすい価格帯の一本です。このコンディションとこの価格で手に入れられるのは今だけです。

商品データ

商品名 ゼニス キャプテン クロノメーター Cal.2542PC ステンレススチール シルバーダイアル 1960年代 中古 アンティーク メンズ
ショップによる解説
付属品無し         商品について メーカー ゼニス モデル キャプテン クロノメーター Cal.2542PC ステンレススチール シルバーダイアル 1960年代 ムーブメント 自動巻 Cal.2542PC ケース SS 37.5mm ブレスレット ストラップ SSピンバックル カシス製レザーストラップ【未使用】 付属品 付属品無し 状態 B 全体的に傷有り【内部機械・精度確認済み】 コメント ゼニス キャプテンは1952年に誕生したマニュファクチュールブランドとしてのゼニスを象徴するモデルです。キャプテンは王が乗る船の船長に与えられる特別な称号で、その名を冠するキャプテン コレクションはゼニスの中核を担う特別なモデルです。こちらは1960年代のモデルでムーブメントは1964年から1969年にかけて生産されたCal.2542PCを搭載しています。Cal.2542PCはクロノメーター取得の高精度ムーブメントで、カレンダー付きの手巻きCal.2542Cに自動巻き機構を加えた6振動ムーブメントです。60年代当時のムーブメントとしては25石と石数が多く高級機であることが伺えます。同シリーズの中で最も安定したムーブメントだと思います。デザインはケースとラグに境目はなく、なだらかなケースが特徴的です。手首に馴染みやすくバランスの良いデザインで愛着がわく時計です。独特のケース形状からコレクターの間では「Turtle (亀)」の愛称で呼ばれています。多少傷が御座いますが、年代を考えれば綺麗な個体です。オーバーホール後のお受け渡しです。約6週間掛かります。オーバーホールが必要ない場合は¥20,000値引します。ZENITH CAPTIN CHRONOMETRE Cal.2542PC SS SILVER DIAL Ca.1960s
ショップアルファオメガ
ブランド
価格278,000278000278000円 (税込・ 送料別)
状況ON SALE
お気に入りFAVORITEお気に入り腕時計一覧

ご利用上の注意

  • 在庫状況は随時更新しておりますが、タイムラグがある場合があります
  • ご注文に際してはリンク先の商品ページの情報をよく確認してください

ブランド情報(ゼニス)

ゼニスとは

ゼニスはその名前を知っているかいないかで、腕時計に興味があるかどうかを判断できる、試金石となるブランドだと思います。腕時計が趣味の人は知っていてあたりまえ、腕時計に興味がない人は聞いたことも見たこともないブランド。それがゼニスです。

スイスの時計産業

スイス、ジュウ渓谷にある街ル・ロックル。人口わずか1万人前後の小さな街ですが、17世紀以来、スイス時計産業の中心地として知られています。時計製造のマニュファクチュールの実現を夢見ていたジョルジュ・ファーブル・ジャコは、1865年、ここにゼニスを創業しました。

ブランド名の由来

1911年、ジョルジュは自らのマニュファクチュールに「ゼニス」と命名します。これは「天頂(宇宙の頂点)」を意味します。また、幸運への道しるべである「星」をブランドのシンボルマークとしました。ブランド名やシンボルマークからも、最高のものを作りたい、という気持ちが見て取れます。

アメリカ式生産方式と拡大

ゼニスはスイスの時計メーカーでありながら、アメリカ式の生産方式を積極的に取り入れたり、互換性のある部品を使用することで修理可能な時計の生産を行うなど、当時としては革新的な時計メーカーでした。

創業の10年後には総従業員が1,000名を超える大規模メーカーへと発展し、瞬く間にスイスを代表する大手時計ブランドとなりました。

エル・プリメロ

ゼニスと言えば、高性能クロノグラフがブランドの代名詞。多くのクロノグラフに搭載されている自社製ムーブメント「エル・プリメロ」の完成度は高く、誕生当初の1969年から僅かな改良を加えたのみで、現在もなお世界最高峰の自動巻クロノグラフムーブメントとして君臨しています。

エル・プリメロの存在は、ゼニスをその名にふさわしい「究極」「頂点」のブランドとして位置づけているといえます。

世界屈指の総合時計メーカー

ゼニスは最先端のクオーツ時計を発表する一方で、現在もクラシカル・ポケットウォッチの生産を続けています。このことからわかるように、守備範囲の広い、世界屈指の総合時計メーカーであるといえます。

ゼニスの腕時計

ゼニスで仕様の近い腕時計

印象が近い腕時計

Update 2018/03/12 by watchjournal