ロレックス スクエア シルバーダイアル 手巻き 1966年製造 レディースアンティークウオッチ

ロレックス スクエア シルバーダイアル 手巻き 1966年製造 レディースアンティークウオッチ
  • 爽やかな印象

商品解説

商品名

ロレックス レディース ブランド腕時計 シルバーダイアル スクエア USED(中古)

概要

実力と人気を兼ね備えたロレックスの腕時計です。レディースサイズ。

デザイン

レトロな印象ながら知性も感じさせる角形の文字盤です。万能の文字盤カラーなので、つけるシチュエーションを問いません。 腕時計然とした印象になる革ベルト仕様の腕時計です。革ベルトは装用感に優れます。

スペック

コンディション

中古(USED)の腕時計です。中古、というとネガティブな印象もありますが、腕時計ではヴィンテージやアンティークと呼ばれ、希少性のためプレミア価格になることもしばしばあります。ブランド腕時計としてはお求めやすい価格帯の一本です。人気商品のため売り切れとなっています。同様の商品をお探しください。

売り切れ/掲載終了

商品データ

商品名 ロレックス スクエア シルバーダイアル 手巻き 1966年製造 レディースアンティークウオッチ
ショップによる解説
腕時計の人気ブランド、ロレックスのアンティーク・レディースウオッチです。1966年頃の製造のようです。その知名度やブランド力ばかりに注目が集まるロレックスですが、確かな製造技術による作りの良さが時代を超えて、また国を超えて愛される理由のひとつです。この時計も製造から数十年が経過したヴィンテージモデルですが、現在もしっかりと時を刻み続けています。女性用ロレックスの代名詞的存在でもある「カメレオン」や、ロレックスの腕時計の中でも高級品である「チェリーニ」などにも搭載されたCal.1400という手巻きムーブメントを搭載した機械式時計です。時間を刻む小さな機械には職人の知恵と技術が詰め込まれています。
現代では珍しい手巻きの腕時計です。手巻きとはゼンマイを動力とする機械式時計の一つです。竜頭を回してゼンマイを巻上げ、ゼンマイが徐々に解ける力で動きます。電池交換の必要もなく、「エコロジー」的観点からも見直されています。電池で動くクオーツと比べると若干精度が劣りますが、実用する上では全く問題のないレベルです。毎朝巻上げることで時計に命を与えるのも機械式腕時計の楽しみの一つです。
女性用腕時計ではあまり一般的ではない、正方形のケースを採用しています。正方形の時計は文字盤のデザインが非常に難しく、優れたデザイン力とそれを実現する技術力のあるメーカーのみが制作することができると言われています。文字盤表面は柔らかい金属の質感が美しく、12時位置の王冠マークが全体を引き締める役割を担っています。ケース背面、竜頭にも信頼の王冠マークが刻まれています。
あなたのファッションをワンランクアップさせる、一生の宝物になりうる一本です。シンプルなデザインですのでカジュアルにも、お仕事にもお使いいただけます。他店に比べて圧倒的にお求めやすい値段でのご提供ですので、お早めにお買い求めください。
ショップ女性用アンティーク腕時計の販売・ドレス
ブランド
価格188,000188000188000円 (税込・ 送料別)
状況SOLD OUT
お気に入りFAVORITEお気に入り腕時計一覧
売り切れ/掲載終了

ご利用上の注意

  • 在庫状況は随時更新しておりますが、タイムラグがある場合があります
  • ご注文に際してはリンク先の商品ページの情報をよく確認してください

ブランド情報(ロレックス)

ロレックスとは

誰でも知っているブランド「ロレックス」。誰でも知っているけれど、実は日本やアジアでの人気が他の地域と比べて相対的に高く、独特な市場の雰囲気がある、ということはあまり知られていません。その歴史をひもとくと、ロレックスが日本人の気質にあっていることがよくわかります。

経営への意識

ロレックスの創業者、ハンス・ウイルスドルフは幼い頃に両親を亡くし、学費を稼ぐために花屋を経営していました。これが彼の経営力と独立心の基礎となっています。すでに一大産業として存在した時計業界に就職したハンス・ウイルスドルフは、5年後には自分の時計販売会社「ウイルスドルフ&デイビス」を設立します。

「ブランド」を意識した時計メーカー

ハンス・ウイルスドルフは「ウイルスドルフ&デイビス」の設立からわずか3年後には「ROLEX」を商標登録しています。また時計製造とブランディングの関係の重要性を時計雑誌に寄稿するなど、設立当時からブランド作りの重要さを意識した希有な時計メーカーであったことが伺えます。

オイスターケースの開発

当時の主流は懐中時計でしたが、徐々に腕時計の需要も高くなりつつありました。ハンス・ウイルスドルフは精度の高い腕時計が求められていると考え、スイスのエグラー社の開発した小型で高精度のアンカーエスケープメントを採用した腕時計の販売に乗り出します。一方、腕時計は懐中時計に比べて水や埃にさらされることが多く、それによる故障の発生率の高さが腕時計の普及を妨げる一因でした。ロレックス社(開発はオイスター社)を代表する技術である「オイスターケース」はこの問題を解決し、また大々的に広告することでロレックスの名前は博く知られることとなります。

パーペチュアルの開発

オイスターケースはすばらしい防水ケースでしたが、ゼンマイの巻き上げや時刻合わせの際、ねじ込み式竜頭を解除しなくてはいけないことがユーザーの「竜頭のねじ込み忘れ」を招き、防水を謳った腕時計だけに水の進入による修理も少なくありませんでした。これを解決したのが1931年に登場した自動巻機構「パーペチュアル」です。これにより、ゼンマイの手巻きが不要となり、また高い精度で動作することで時刻合わせの回数も減らすことで竜頭操作を極力少なくすることに成功しました。

モデルの展開

その後は高い防水性能を生かして海洋開発者に向けた「サブマリーナー」、さらに防水機能を高めた「シードゥエラー」、探検家用の「エクスプローラー」、パイロット用の「GMTマスター」、モータースポーツに最適な「デイトナ」など、スポーツや過酷な環境でも使用できる腕時計を次々に生み出し、時計業界を超えた一大ブランドとして確固たる地位を築き上げ現在に至ります。

ロレックスの腕時計

同じタイプの腕時計はありませんでした。

印象が近い腕時計はありませんでした。

Update 2017/12/06 by watchjournal