ヴァシュロンコンスタンタン ヒストリーク アロンド 1954 81018/000R-9657 中古 メンズ 腕時計

ヴァシュロンコンスタンタン ヒストリーク アロンド 1954 81018/000R-9657 中古 メンズ 腕時計
  • 爽やかな印象
  • レトロ
  • ハイクラス

商品解説

商品名

ヴァシュロン・コンスタンタン メンズ ブランド腕時計 手巻き ホワイトダイアル スクエア スモールセコンド 復刻 USED(中古)

概要

世界三大高級時計ブランドに数えられるヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計です。過去に人気のあった、または記念碑的な腕時計を現代の技術で復活させた復刻モデルです。メンズサイズ。現在も店頭で見かける可能性の高い、2010年代以降の腕時計です。

デザイン

レトロな印象ながら知性も感じさせる角形の文字盤です。男性からも女性からも好感度の高い白文字盤。迷ったらこれ、というべきカラーです。 腕時計然とした印象になる革ベルト仕様の腕時計です。革ベルトは装用感に優れます。高級時計の第一条件とも言える、貴金属を採用したケースですので、腕につけたときの輝きが一味違います。

スペック

手巻きです。ジリジリとゼンマイを巻き上げて時計に命を与える体験は、手巻き腕時計のオーナーだけに与えられた至福の時間です。秒針の軸が時針分針と異なるスモールセコンド。

コンディション

中古(USED)の腕時計です。中古、というとネガティブな印象もありますが、腕時計ではヴィンテージやアンティークと呼ばれ、希少性のためプレミア価格になることもしばしばあります。選ばれた人しか手にすることができない、ハイクラスの腕時計です。人気商品のため売り切れとなっています。同様の商品をお探しください。

売り切れ/掲載終了

商品データ

商品名 ヴァシュロンコンスタンタン ヒストリーク アロンド 1954 81018/000R-9657 中古 メンズ 腕時計
ショップによる解説
ご購入前に必ずご確認ください。 問い合わせNO 512208001 ブランド 中古 ヴァシュロン・コンスタンタン 商品名 ヒストリーク アロンド 1954 タイプ メンズ 型番 81018/000R-9657 機械 手巻き 材質名 ピンクゴールド 宝石 文字盤色 シルバー 文字盤材質 文字盤特徴 外装特徴 ケースサイズ 44.5×31.2mm ブレス約 機能 革ベルト・尾錠 共に純正 付属品 内箱外箱ギャランティー 整備 メンテナンス ヴァシュロンの過去の名作を現代の目で再解釈した「ヒストリーク アロンド1954」。「アロンド」とは、カモメの翼を意味する古いフランス語で、ケースサイドが翼をひろげた鳥のように見えることから 名付けられました。このクラシカルで優雅なデザインのケースに、美しいギョーシェ入りのダイヤルが合わせることで、1954年のオリジナルに勝るとも劣らない一本に仕上げられています。2014年に販売された日本正規品。純正のストラップは若干の使用感がございます。 
ショップ宝石広場
ブランド
価格2,080,00020800002080000円 (税込・ 送料込)
状況SOLD OUT
お気に入りFAVORITEお気に入り腕時計一覧
売り切れ/掲載終了

ご利用上の注意

  • 在庫状況は随時更新しておりますが、タイムラグがある場合があります
  • ご注文に際してはリンク先の商品ページの情報をよく確認してください

ブランド情報(ヴァシュロン・コンスタンタン)

ヴァシュロン・コンスタンタンとは

ヴァシュロン・コンスタンタンはキャビノチェの精神を受け継ぐスイスの名門時計メーカーです。「世界三大高級時計メーカー」の一つに数えられ、またパテック・フィリップと共に「世界二大高級時計メーカー」ともいわれます。

キャビノチェ

ヴァシュロン・コンスタンタンが創業した18世紀頃、ジュネーブには「キャビノチェ」と呼ばれる時計職人がいました。彼らは時計職人でありながら、同時に芸術や哲学など幅広い知識をもつ知識人でした。ヴァシュロン・コンスタンタンの創業者、ジャン・マルク・ヴァシュロンもそんなキャビノチェの一人です。1755年に時計工房を設立し、当時は珍しかった複数人による時計製作をすすめていきました。

当時の時計産業の中心地はイギリスでした。スイスはいわゆる廉価品を製造していたようです。

共同経営者による経営の改革

ジャン・マルク・ヴァシュロンの後継者である2代目アブラム・ヴァシュロン、また3代目ジャック・バルテルミー・ヴァシュロンもキャビノチェとして時計を製作していましたが、1819年にフランソワ・コンスタンタンを共同経営者として迎え入れると同社は転機を迎えます。この頃から海外販売にも積極的になっていきます。

近代時計産業への移行

1839年に製造技師ジョルジュ・オーギュスト・レショーが経営陣に加わると、ヴァシュロン・コンンスタンタンは時計工業に機械生産を導入します。この2年後にはほぼ全てのサイズの時計部品を製造できる工作機械を完成させています。これにより時計職人が人間にしかできない作業に集中できるようになり、生産効率が飛躍的に向上しました。

「キャビノチェのブランド」としての印象が強いヴァシュロン・コンスタンタンがスイスでいち早く機械生産を導入したことは興味深い事実です。このムーブメントはまたたく間に広がり、スイスがイギリスを追い抜き世界一の時計産業国となっていきます。

マルタ十字

ヴァシュロン・コンスタンタンのシンボルマークとしてつかわれる「マルタ十字」は1880年から使われています。これは香箱に設けられた、ゼンマイの巻き過ぎを防ぐための部品に由来します。

複雑時計の開発と製品化

ヴァシュロン・コンスタンタンは複雑時計の開発でも有名です。1906年にはミニッツリピーターの、1935年にはグランドコンプリケーションの開発に成功し、さらにそれを製品化するという偉業を成し遂げました。2017年には23種の複雑機能を搭載した「レ・キャビノティエ セレスティア アストロノミカル グランド コンプリケーション 3600」を発表しています。

現存する最古の時計ブランド

ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史は1755年から途絶えることなく続いており、世界でも最も古い時計ブランドとしてしられています。世界最古ながら、今もなお世界中に多くのファンを持つ、歴史と実力を兼ね備えた時計ブランドです。

ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計

同じタイプの腕時計はありませんでした。

印象が近い腕時計はありませんでした。

Update 2017/12/10 by watchjournal