ウブロ HUBLOT クラシックフュージョン クラシコ ウルトラシン スケルトン キングゴールド 545.OX.0180.LR 中古 メンズ 腕時計

ウブロ HUBLOT クラシックフュージョン クラシコ ウルトラシン スケルトン キングゴールド 545.OX.0180.LR 中古 メンズ 腕時計
  • 希少品
  • ハイクラス

商品解説

商品名

ウブロ メンズ ブランド腕時計 手巻き スケルトンダイアル シースルーバック スモールセコンド 限定 USED(中古)

概要

近年高い注目度を集め、トップブランドに上り詰めたウブロの腕時計です。製作数や販売数が限定された、希少な腕時計です。メンズサイズ。現在も店頭で見かける可能性の高い、2010年代以降の腕時計です。

デザイン

腕時計でもっともスタンダードな円形の文字盤です。中の機械をデザインとして取り入れたスケルトンダイアル。 腕時計然とした印象になる革ベルト仕様の腕時計です。革ベルトは装用感に優れます。高級時計の第一条件とも言える、貴金属を採用したケースですので、腕につけたときの輝きが一味違います。

スペック

手巻きです。ジリジリとゼンマイを巻き上げて時計に命を与える体験は、手巻き腕時計のオーナーだけに与えられた至福の時間です。裏を透明にすることで、ムーブメントの動きを楽しめるシースルーバック。秒針の軸が時針分針と異なるスモールセコンド。

コンディション

中古(USED)の腕時計です。中古、というとネガティブな印象もありますが、腕時計ではヴィンテージやアンティークと呼ばれ、希少性のためプレミア価格になることもしばしばあります。選ばれた人しか手にすることができない、ハイクラスの腕時計です。このコンディションとこの価格で手に入れられるのは今だけです。

商品データ

商品名 ウブロ HUBLOT クラシックフュージョン クラシコ ウルトラシン スケルトン キングゴールド 545.OX.0180.LR 中古 メンズ 腕時計
ショップによる解説
ご購入前に必ずご確認ください。 問い合わせNO 534720001 ブランド 中古 ウブロ 商品名 クラシックフュージョン クラシコ ウルトラシン スケルトン キングゴールド タイプ メンズ 型番 545.OX.0180.LR 機械 手巻き 材質名 キングゴールド 宝石 文字盤色 ブラック 文字盤材質 文字盤特徴 スケルトン 外装特徴 シースルーバック ケースサイズ 42.0mm ブレス約 機能 革ベルト・尾錠 共に純正 付属品 内箱外箱ギャランティー 整備 メンテナンス ウブロが創業以来大切にしてきたシリーズ「クラシック」の進化系「クラシック フュージョン」。こちらの「クラシック・フュージョン クラシコ ウルトラ-シン スケルトン」は、厚さわずか2.9mmの自社開発ムーブメントを搭載したスケルトンモデルです。あえて手巻きムーブメントを採用することにより、そのメカニカルな部分の面白さを強調しています。近未来的なデザインと古典的な機械式時計とのギャップをお楽しみください。 2018年4月に当店が販売した並行輸入品。当店にてメンテナンスと外装の仕上げ済み。純正のストラップも目立った使用感は見られません。
ショップ宝石広場
ブランド
価格1,950,00019500001950000円 (税込・ 送料込)
状況ON SALE
お気に入りFAVORITEお気に入り腕時計一覧

ご利用上の注意

  • 在庫状況は随時更新しておりますが、タイムラグがある場合があります
  • ご注文に際してはリンク先の商品ページの情報をよく確認してください

ブランド情報(ウブロ)

ウブロとは

ウブロは1980年創業の比較的新しいブランドです。新素材を意欲的に採用するなど前衛的な時計づくりが特徴で、代表作「ビッグ・バン」を大当たりさせて時計業界でのポジションを一気に築き上げました。

創業とブランド名

ウブロはカルロ・クロッコによってスイスで創業されました。現在の人気からは想像出来ないですが、これが約40年前のことです。ウブロの社名はフランス語で「舷窓」を意味しており、船に取り付けた窓を連想させるデザインのベゼルを持つモデルを多数製作しています。

素材の挑戦

腕時計といえば本体が金属、ベルト部分が革もしくは金属、という時代が非常に長く続きました。ウブロはその常識を破ることで、すでに円熟しきった時計業界に切り込みました。高級感のある金素材とスポーティなラバー素材を組み合わせるなど大胆な素材使いは当時賛否両論ありましたが、多くは歓迎の声だったようです。実は、腕時計業界において、素材でのアピールはなかなか上手くいかないことが歴史的に証明されているのですが、数少ない成功例のひとつとして他のブランドにも影響を与えたことは間違いありません。

ジャン・クロード・ビバー

2004年、オメガのマーケティング戦略を担ってきたジャン・クロード・ビバーがウブロのCEOに就任します。彼は「ブランドの持つ個性の継続」と「素材の融合」をコンセプトに、ウブロらしい時計の製作に着手します。もちろん、すでに時計業界で名の通ったジャン・クロード・ビバーの参画も注目度を上げるのに一役買ったのは言うまでもありません。

ビッグ・バン

2005年に発売した「ビッグ・バン」シリーズは高い評価を受け、時計にまつわる賞も沢山受賞するなどウブロの地位を一気に高めました。ビッグ・バンは、ウブロの売上を3倍に、一節によると10倍に引き上げたそうです。デカ厚時計ブームにのったウブロはさらに大きな「キングパワー」シリーズをリリースし、そのジャンルの代名詞的存在になりました。

独自ムーブメント「ウニコ」

ウブロの魅力は外装の素材やデザインだけではありません。ビッグ・バンのヒット後は技術への注力をすすめ、独自開発の自社ムーブメントである「ウニコ」を完成させました。スペイン語で「ユニーク」を意味するウニコは、スケルトンバックでみたときの美しさを意識してつくられており、傑作の誉れも高いムーブメントです。さらに、開発部にグランドコンプリケーション部門を設けており、さらなる技術力の向上のための投資を惜しみません。

積極的なコラボレーション

古典的なマーケティング手法ではあるものの、ウブロは有名人や企業、スポーツイベントとのコラボレーションも積極的に行っています。F1やFIFAワールドカップでタイムキーパーを努めたのを筆頭に、世界市場を意識した有名人や団体とのコラボレーションは時計業界を超えて注目を集めています。

ウブロの腕時計

Update 2018/09/03 by watchjournal