オーデマ・ピゲ AUDEMARSPIGUET ジュールオーデマ スモールセコンド 772520OR.OO.A809CR.01 中古 レディース 腕時計

オーデマ・ピゲ AUDEMARSPIGUET ジュールオーデマ スモールセコンド 772520OR.OO.A809CR.01 中古 レディース 腕時計
  • 爽やかな印象

商品解説

商品名

オーデマ・ピゲ レディース ブランド腕時計 手巻き シルバーダイアル シースルーバック スモールセコンド USED(中古)

概要

世界三大高級時計ブランドに数えられるオーデマ・ピゲの腕時計です。レディースサイズ。

デザイン

腕時計でもっともスタンダードな円形の文字盤です。万能の文字盤カラーなので、つけるシチュエーションを問いません。 腕時計然とした印象になる革ベルト仕様の腕時計です。革ベルトは装用感に優れます。高級時計の第一条件とも言える、貴金属を採用したケースですので、腕につけたときの輝きが一味違います。

スペック

手巻きです。ジリジリとゼンマイを巻き上げて時計に命を与える体験は、手巻き腕時計のオーナーだけに与えられた至福の時間です。裏を透明にすることで、ムーブメントの動きを楽しめるシースルーバック。秒針の軸が時針分針と異なるスモールセコンド。

コンディション

中古(USED)の腕時計です。中古、というとネガティブな印象もありますが、腕時計ではヴィンテージやアンティークと呼ばれ、希少性のためプレミア価格になることもしばしばあります。各ブランドが主戦場と位置づけている価格帯の腕時計です。このコンディションとこの価格で手に入れられるのは今だけです。

商品データ

商品名 オーデマ・ピゲ AUDEMARSPIGUET ジュールオーデマ スモールセコンド 772520OR.OO.A809CR.01 中古 レディース 腕時計
ショップによる解説
ご購入前に必ずご確認ください。 問い合わせNO 538493001 ブランド 中古 オーデマ・ピゲ 商品名 ジュールオーデマ スモールセコンド タイプ レディース 型番 772520OR.OO.A809CR.01 機械 手巻き 材質名 ピンクゴールド 宝石 文字盤色 シルバー 文字盤材質 文字盤特徴 外装特徴 シースルーバック ケースサイズ 33.0mm ブレス約 機能 革ベルト・尾錠 共に純正 付属品 内箱外箱ギャランティー 整備 メンテナンス ブランド創業者の名前を冠したコレクション「ジュール・オーデマ」。シンプルで過度な装飾をそぎ落としたデザインが特徴のシリーズです。こちらは直径33mmのピンクゴールドモデルでケースバックからは丁寧に仕上げられた手巻きムーブメントがご覧になれます。レディースウォッチではクォーツムーブメントが主流にはなっていますが、あえて手巻き式に拘れてみても面白いのではないでしょうか。ギャランティーには販売日の記載はありませんが、2016年11月に当店で販売した品。当店でのメンテナンスと外装仕上げを行っております。純正のクロコストラップは若干の使用感がございます。
ショップ宝石広場
ブランド
価格898,000898000898000円 (税込・ 送料込)
状況ON SALE
お気に入りFAVORITEお気に入り腕時計一覧

ご利用上の注意

  • 在庫状況は随時更新しておりますが、タイムラグがある場合があります
  • ご注文に際してはリンク先の商品ページの情報をよく確認してください

ブランド情報(オーデマ・ピゲ)

オーデマ・ピゲとは

世界三大高級時計メーカーのひとつとされるオーデマ・ピゲは、企業哲学として「常に革新的かつ卓越した存在であれ」「美は純粋で一糸乱れぬ線に表現される」を掲げ、技術的な革新と芸術的な完成度を追求する姿勢を貫いています。これは時計製造だけでなく、すべてのものづくりにおいて真似するべき哲学であると言えるでしょう。

同級生

オーデマ・ピゲは、代々時計職人の家系にあったジュール=ルイ・オーデマと、小学校の同窓生でもある時計工芸家の、エドワール=オーギュスト・ピゲによって1875年に創業されました。多くの有名時計メーカーが集まるスイス、ジュウ渓谷のル・ブラッシュの工房からスタートし、現在もそこを本拠地としています。

複雑高級腕時計専門

当初から複雑高級時計の専門ブランドを目指す意識が高く、部品製造から組み立てまでを一貫して行う生産体制を実現しました。同じく創設時よりマイスター育成のための工芸家養成システムを完備、運営しており、現在に至ります。

スイスの有名時計メーカーでは珍しく、創業以来、代々家族経営を貫いているブランドでもあります。

ロイヤルオーク

オーデマ・ピゲが1972年に発表した「ロイヤルオーク」は、オーデマ・ピゲの時計づくりの姿勢を明確に表し、時計業界に大きなインパクトを与えました。

センターローターでありながら薄型の自動巻ムーブメント、という技術的側面もさることながら、文字盤周囲を飾る八角形のベゼルは高い評価を得ました。

現在製造されているモデルもほとんど変わらないデザインです。ロイヤルオークは、オーデマピゲのアイコンモデルとなっています。

複雑機構の開発

オーデマ・ピゲは複雑機構の開発を得意とし、これまでに数々の名機を世に送り出してきました。

究極の複雑時計として、パーペチュアルカレンダー、ミニッツリピーター、グランドソヌリ、アラーム、30分積算計クロノグラフ、スプリットセコンドなど、これでもかと機能をつめこんだ「ユニヴェルセル」を完成させています。

時計工芸家の養成

オーデマ・ピゲは、独自の時計工芸家養成システムを構築しています。技術を高める方法を考えるのはもちろんですが、同時に技術を継承する方法を考えておかなければ、企業やブランドの価値を維持することが出来ません。

オーデマ・ピゲでは、若い職人たちが工房で働きながら、先人たちの培ってきた技術を学べ、デザインからムーブメントや部品の製作、装飾に用いるダイヤモンドの検品に至るまで、自社の専門家が一貫して作業を行うことが出来る環境を提供しています。

マニュファクチュール精神

また、ムーブメントの開発と製造を専門に行う子会社「AP Renaud et Papi(ルノー・エ・パピ)」を2002年に設立。

こういった徹底したマニュファクチュール精神こそが、伝統技術を活かしながら常に高品質の時計を生み出せる理由なのです。伝統的工芸技術と斬新なデザインの融合、これがオーデマ・ピゲを世界最高級ブランドのイメージへとつながっているのでしょう。

オーデマ・ピゲの腕時計

Update 2018/08/15 by watchjournal