タグ・ホイヤー CAW2111.FC6183 モナコクロノ・”スティーブ・マックィーン” 自動巻 中古

タグ・ホイヤー CAW2111.FC6183 モナコクロノ・”スティーブ・マックィーン” 自動巻 中古
  • スポーツ
  • アースカラー

商品解説

商品名

タグ・ホイヤー メンズ ブランド腕時計 自動巻 ブルーダイアル スクエア カレンダー クロノグラフ シースルーバック レーサー 復刻 USED(中古)

概要

スポーティな腕時計が得意なタグ・ホイヤーの腕時計です。100分の1秒を争うレースの世界で用いられるレーサーウォッチです。過去に人気のあった、または記念碑的な腕時計を現代の技術で復活させた復刻モデルです。メンズサイズ。発売されて10年前後という、まだまだ新しい部類の腕時計です。

デザイン

レトロな印象ながら知性も感じさせる角形の文字盤です。海や空を想起させるブルーダイアル。腕時計の定番カラーの一つです。 腕時計然とした印象になる革ベルト仕様の腕時計です。革ベルトは装用感に優れます。現代の腕時計としては一般的な、ステンレスを採用した一本です。ステンレスはキズや腐食に強く、価格とのバランスが良いことで知られています。

スペック

自動巻です。腕の動きでゼンマイが巻き上がる腕時計との一体感は自動巻ならでは。カレンダー機能付き。カレンダーはあるとないとでは大違いの機能の一つです。クロノグラフ機能付き。いわゆるストップウォッチ機能です。裏を透明にすることで、ムーブメントの動きを楽しめるシースルーバック。

コンディション

中古(USED)の腕時計です。中古、というとネガティブな印象もありますが、腕時計ではヴィンテージやアンティークと呼ばれ、希少性のためプレミア価格になることもしばしばあります。各ブランドが主戦場と位置づけている価格帯の腕時計です。人気商品のため売り切れとなっています。同様の商品をお探しください。

売り切れ/掲載終了

商品データ

商品名 タグ・ホイヤー CAW2111.FC6183 モナコクロノ・”スティーブ・マックィーン” 自動巻 中古
ショップによる解説
映画『栄光のル・マン』で、主演のスティーブ・マックィーンが着けていた時計の復刻モデル「モナコ クロノ キャリバー12 スティーブ・マックィーン」。モナコはいくつかのバリエーションが存在しますが、このブルーダイヤルにシルバーのインダイヤル・赤針という配色は、まさにオリジナルの復刻です。シースルーバックからムーブメントをご覧になれます。ブランド/メーカー:タグ・ホイヤー商品名:タグ・ホイヤー CAW2111.FC6183 モナコクロノ・”ステ通称:モナコクロノ・”スティーブ・マックィーン”商品ランク:中古品B型式:CAW2111.FC6183サイズ:ケース径約 39mmカラー:ブルー −/ブラック付属品:純正BOX付き保証期間:12ヶ月保証詳細説明:ベルトは非純正です。部分的に多少ですが小傷があります。箱・保証書付き。簡易調整と簡易外装仕上げを行なっております。在庫店舗:新宿店
ショップKOMEHYO ONLINESTORE 楽天市場店
ブランド
価格349,800349800349800円 (税込・ 送料別)
状況SOLD OUT
お気に入りFAVORITEお気に入り腕時計一覧
売り切れ/掲載終了

ご利用上の注意

  • 在庫状況は随時更新しておりますが、タイムラグがある場合があります
  • ご注文に際してはリンク先の商品ページの情報をよく確認してください

ブランド情報(タグ・ホイヤー)

タグ・ホイヤーとは

一時期、日本でも熱狂的ともいえる人気を集めたタグ・ホイヤー。タグ・ホイヤー社はスポーツウォッチの先駆者でありながら、現在もなお世界有数のスポーツウォッチメーカーとして君臨しています。数多くのスポーツマンに愛された時計ブランドです。

ホイヤー社の創設

1860年、エドワード・ホイヤーが時計産業の中心であるサン・ティミエ(スイス)に時計工場を設立。これがタグ・ホイヤーの前身、ホイヤー社です。

スポーツに関心の高かったエドワード・ホイヤーは、創業当時よりスポーツ計時に注力。1889年のパリ万博では、世界初のスプリット機能付きポケット・クロノグラフを発表し、銀賞を獲得しました。

タグ・ホイヤーの誕生

1920年には初めてオリンピックの公式計時を担当し、以降あらゆる分野で高品質のスポーツウォッチを提供する、世界のトップブランドへと成長します。

日本市場には1950年代に進出しました。現在の社名でもある「タグ・ホイヤー社」が発足したのは1985年。クオーツショックに苦しむホイヤー社が、TAGグループに参入するかたちで誕生しました。

クロノグラフとタグ・ホイヤー

創設当初からストップウォッチや、クロノグラフといったスポーツウォッチの開発に力を注いでおり、クロノグラフの進化と発展に大きく貢献しています。

振動ピニオンから、世界初1/100秒単位の測定を可能にした機械式ストップウォッチ「Mikrograph」まで、この部門においての実績は計り知れません。

近年のコレクションでも、1/1000秒、計時となれば1/10,000秒という精度を誇る腕時計を提供できるブランドはタグ・ホイヤーのみでしょう。

モータースポーツ

1990年代以降は、TAGグループであるマクラーレンチームのスポンサーとして活動するなど、モータースポーツとの関係の深さでよく知られるようになりました。

アイルトン・セナ、キミ・ライコネン、片山右京など、F1ドライバーの名前や、プロゴルファー、タイガー・ウッズの名前を冠したモデルなども多数発売しています。

創設当時からの革新を求める姿勢や究極の精度を追究する情熱、そしてプレステージスポーツをこよなく愛する精神が、現在でもタグ・ホイヤーブランドの中核をなすものとなっています。

スポーツからの脱却の兆し

タグ・ホイヤーは1999年にはLVMHの傘下に入りました。その4年後、2003年限りでF1のオフィシャルタイマーを降り、現在はアメリカを中心に開催されているインディカー・シリーズの公式時計を担っています。

現在はサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドや、テニスの錦織圭がブランドのアンバサダーを務める一方、俳優のレオナルド・ディカプリオもそのリストに名前を連ねており、スポーツ一辺倒というわけではなくなってきているようです。

タグ・ホイヤーの腕時計

Update 2018/10/01 by watchjournal