腕時計ポータルサイト:腕時計新聞

HERMES エルメス アルソー 腕時計 OH済 ステンレススチール/レザー メンズ 中古

HERMES エルメス アルソー 腕時計 OH済 ステンレススチール/レザー メンズ 中古
  • 爽やかな印象

商品解説

概要

エルメスの腕時計です。メンズサイズ。

デザイン

腕時計でもっともスタンダードな円形の文字盤です。男性からも女性からも好感度の高い白文字盤。 腕時計然とした印象になる革ベルト仕様の腕時計です。革ベルトは装用感に優れます。現代の腕時計としては一般的な、ステンレスを採用した一本です。ステンレスはキズや腐食に強く、価格とのバランスが良いことで知られています。

スペック

自動巻です。腕の動きでゼンマイが巻き上がる腕時計との一体感は自動巻ならでは。カレンダー機能付き。カレンダーはあるとないとでは大違いの機能の一つです。クロノグラフ機能付き。いわゆるストップウォッチ機能です。

コンディション

中古(USED)の腕時計です。中古、というとネガティブな印象もありますが、腕時計ではヴィンテージやアンティークと呼ばれ、希少性のためプレミア価格になることもしばしばあります。ブランド腕時計としてはお求めやすい価格帯の一本です。このコンディションとこの価格で手に入れられるのは今だけです。

商品データ

商品名 HERMES エルメス アルソー 腕時計 OH済 ステンレススチール/レザー メンズ 中古
ショップによる解説
ギフト対応 5462 分割均等 60回5462円 分割均等 48回6626円 分割均等 24回12447円 分割均等 12回24086円 分割均等 10回27800円 【cabgadad】 【ブランド品買取・通販】ズーム機能により、細かな商品状態を確認出来ますが、実際には目立たない程度のダメージもございます。 商品番号 71219015 タイプアルソー 素材ケース:ステンレススチールバンド:レザー ケースサイズ約42mmx46mmケース厚み約13mm腕周り約17-14cmバンド幅約19mm文字盤カラーホワイトケース形ラウンドフェイスディスプレイタイプクロノグラフムーブメント自動巻きベルト穴数6カレンダータイプ日付表示クラスプ(留め具)Dバックル三つ折れ付属品- 点検弊社点検済オーバーホール済2015/12/19 保証期間12ヶ月 >> ランク・程度表の詳細はこちら ケース光の加減で確認できる程度の小キズバンドシワ/汚れ裏蓋光の加減で確認できる程度の小キズ
ショップブランド京の蔵小牧【最安挑戦!】
ブランド
価格233,300233300233300円 (税込・ 送料込)
状況ON SALE
お気に入りFAVORITEお気に入り腕時計一覧

ご利用上の注意

  • 在庫状況は随時更新しておりますが、タイムラグがある場合があります
  • ご注文に際してはリンク先の商品ページの情報をよく確認してください

ブランド情報(エルメス)

エルメスとは

ファッションブランドとしての知名度が高いエルメスですが、腕時計にも積極的に取り組んでいます。革製品のプロフェッショナルがつくる腕時計は、時計本体も革バンドも主役になれるアイデアに溢れたデザインの名品が沢山あります。

エルメスの歴史

エルメスがもともと馬具工房として設立されたことは有名です。これをエルメスの歴史に組み込むとすれば、1837年から続くブランドと言うことになります。馬具製作で成功していたものの、馬車に取って代わる「自動車」の発展と普及を目の当たりにした3代目、エミール=モーリス・エルメスが、鞄など皮革製品の製造と販売に着手します。ここからエルメスは、服飾品や装身具、香水や腕時計などを総合的に手がけるファッションブランドへの変身を遂げていきます。

エルメスの時計

1920年代に、エルメスは初めての腕時計をリリースしました。これ以前にも、自社の皮革加工技術を応用して、腕に懐中時計を巻き付けるタイプの時計を製作していたようです。同時期に、腕時計用の革ベルトの製造販売もスタートしています。これは他の時計ブランドには見られない、エルメスならではの歴史と言えるでしょう。

ラ・モントル・エルメス

エルメスと言えばケリーバッグ、といわれるほど有名なバッグがありますが、これをモチーフにした時計を1975年にリリースしています。その独創的なデザインは高い評価を受け、これに手応えを感じたエルメス社は、時計産業への本格参入を決めました。そのわずか3年後、1978年に「ラ・モントル・エルメス」を設立します。フランスの企業であるエルメスが、時計専門の会社をわざわざスイスに設立したことからも、その本気度合いをうかがい知ることが出来ます。当時はクラシカルなデザインで、嫌味の無いエレガントな印象の腕時計を多く製作しました。

ラインナップの強化

ラ・モントル・エルメスの設立以降は、名作を多数輩出しています。1981年に登場した「クリッパー」は、舷窓を想起させるデザインのベゼルが特徴的な腕時計です。また、1997年にはブランドの頭文字である「H」をモチーフにした「Hウォッチ」をリリース。エルメスがファッションブランドとして確立しているからこそできる強気なデザインでしたが、それを指示するエルメスファンを中心に人気を集めました。

マニュファクチュール

もともとマニュファクチュール指向の強かったエルメスですが、2006年にヴォシェ・マニュファクチュール・フルリエの25%にも及ぶ株式を取得すると、その6年後には共同開発のムーブメントであるキャリバーH1837とH1912を発表します。これにより、外装だけではなく、ムーブメントにもブランドの意思を注入することが出来、エルメスの腕時計は時計マニアからも評価されるものとなりました。

ラインナップの強化

以降もラインナップの拡大は続きます。「スリム・ドゥ・エルメス」は、腕時計の基本を追求したシンプルなモデルです。時代の要求を敏感に感じ取り、デザインとして、製品として落とし込む能力に長けたブランドと言えるでしょう。並行して、時計技術の追求によるブランディングも積極的に行っており、アトモスクロックやクロノグラフの開発、エナメル文字盤や寄木細工文字盤の採用など、あらゆる角度から腕時計という文化に挑戦しようとするエルメスの姿勢は評価に値します。

エルメスの腕時計