腕時計ポータルサイト:腕時計新聞

PIAGET ピアジェ ライムライト 腕時計 K18ホワイトゴールド/革 レディース 中古

PIAGET ピアジェ ライムライト 腕時計 K18ホワイトゴールド/革 レディース 中古
  • スーツスタイル
  • 爽やかな印象
  • ゴージャス
  • フェミニン

商品解説

概要

腕時計ブランドの中でもハイクラスに分類されるピアジェの腕時計です。宝石による装飾が施された、アクセサリーとしての価値も高い腕時計です。レディースサイズ。

デザイン

腕時計でもっともスタンダードな円形の文字盤です。腕時計の基本となるシンプルなアナログ表示です。シンプルなだけに、デザインの完成度の高さが必要です。 腕時計然とした印象になる革ベルト仕様の腕時計です。革ベルトは装用感に優れます。高級時計の第一条件とも言える、貴金属を採用したケースですので、腕につけたときの輝きが一味違います。

スペック

クォーツムーブメントの腕時計です。圧倒的な正確さがウリです。

コンディション

中古(USED)の腕時計です。中古、というとネガティブな印象もありますが、腕時計ではヴィンテージやアンティークと呼ばれ、希少性のためプレミア価格になることもしばしばあります。各ブランドが主戦場と位置づけている価格帯の腕時計です。このコンディションとこの価格で手に入れられるのは今だけです。

商品データ

商品名 PIAGET ピアジェ ライムライト 腕時計 K18ホワイトゴールド/革 レディース 中古
ショップによる解説
ギフト対応 17645 分割均等 60回17645円 分割均等 48回21406円 分割均等 24回40207円 分割均等 12回77804円 分割均等 10回89800円 【cabgagad】 【ブランド品買取・通販】ズーム機能により、細かな商品状態を確認出来ますが、実際には目立たない程度のダメージもございます。商品番号80501126タイプライムライト素材ケース:K18ホワイトゴールドバンド:革ケースサイズ約30mmx30mmケース厚み約7mm腕周り約17cmバンド幅約13mm文字盤カラーダイヤモンドケース形ラウンドフェイスディスプレイタイプアナログ表示ムーブメントクォーツ防水非防水クラスプ(留め具)Dバックル三つ折れ付属品-点検弊社点検済保証期間3ヶ月>> ランク・程度表の詳細はこちらバンド黒ズミ/シワベルトに使用感があります。
ショップブランド京の蔵小牧【最安挑戦!】
ブランド
価格758,000758000758000円 (税込・ 送料込)
状況ON SALE
お気に入りFAVORITEお気に入り腕時計一覧

ご利用上の注意

  • 在庫状況は随時更新しておりますが、タイムラグがある場合があります
  • ご注文に際してはリンク先の商品ページの情報をよく確認してください

ブランド情報(ピアジェ)

ピアジェとは

「ピアジェ」の名前は、2つのカテゴリーでひろく知られています。ひとつは高級ジュエリーのブランドとして、もうひとつは高級腕時計のブランドとしてです。ピアジェの「求められる以上に良いものをつくる」精神は、両方の分野での輝きを維持出来る理由の一つとなっています。

ブランドのはじまり

ピアジェのはじまりは、1874年。スイスのラ・コート・オ・フェにジョルジュ・エドワール・ピアジェが工房を設立したところからスタートします。農場の中の小さな工房からスタートし、やがて当時すでに名をとどろかせていたブランドからも製作を依頼されるまでになりました。どちらかというとデザインよりも精緻な技術にスポットが当てられていた時代です。

デザインへの傾倒

1943年にブランドの商標登録を行うのと前後して、腕時計のアクセサリー的な要素の重要さに気付いたピアジェは、時計制作技術に加えて外装デザインにも注力するようになります。その後、創業者の孫であるジェラルド・ピアジェとヴァランタン・ピアジェがその先頭に立ち、世界進出を果たします。スイスの古豪時計ブランドでは、この時期に市場を拡大出来たかどうかは、ブランドが現存しているどうかに大きな影響を与えています。

薄型ムーブメント

世界進出を成功させたピアジェは、1945年に新たな時計工場を建設します。当時からピアジェの薄型のムーブメントは高い評価を得ていましたが、1957年、厚さがわずか2.3mmという極薄の自動巻ムーブメント「キャリバー12P」の開発に成功します。もともと技術のあったピアジェがデザインでも評価され、さらに原点に立ち返って技術でも評価されるという、なかなか真似の出来ない偉業を成し遂げたのです。

スタイルの確立

極薄ムーブメントの開発成功は、その後のピアジェのスタイルに大きく影響を与えます。薄型化と同様の技術で小型化されたムーブメントを開発し、さらにデザインの自由度の高い時計制作が可能になりました。この頃から、大胆なデザインと高いクリエイティビティがピアジェの代名詞となり、ブランドのスタイルとして確立していきます。1960年代には金細工が得意な工房を吸収するなど、より完璧な高級時計制作を目指す姿勢を明らかにしました。ピアジェを代表するモデル「Polo」もこの頃誕生しています。

ラインアップと研究開発の強化

1990年代には乱立する新参ブランドとの差を明確にすべく、ピアジェの歴史上の名作にインスパイアされたラインナップを発表します。2001年には新工場も設立。ここでは時計職人とジュエリー職人を一つ屋根の下に集めることで、研究開発にさらに力を入れるようになりました。創業者の「求められる以上に良いものをつくる」精神は、現在のピアジェにもしっかりと受け継がれており、その地位を不動のモノとしています。

ピアジェの腕時計

Update 2018/01/10 by watchjournal